Windows Storage Server 2012のテスト

案件絡みでWindows Storage Server 2012のデモ環境準備してみた。一応、Windows Server 2012に属するOSなので、Firefoxも一応はインストールできる。デスクトップOSじゃないので使えない機能もあるけど十分。IEじゃ不便すぎて作業にならないですからね。

WSS2012は、操作してみたら、まぁこんなもんかなって感じのファイルサーバー向けに特化した感じのOSという印象。今回はWorkGroup Editionをインストールしました。

サーバー構成のウィザードが一番最初に立ち上がってきます。しかし普通は使わないだろ?って思える余計な機能が結構あるので、これで戸惑うユーザーは多いと思われます。

もちっとシンプルなのを作れば良いのにね。って思ったりするけど、それができるならMicrosoftは今も圧倒的シェアを握ってるだろうからまぁ仕方ないかなと。一言でいえばターゲットとするユーザーの違い、及びUI設計のセンスの問題ですね。(例えばApple社と比較してみたりするとわかりやすい)

ビジネス向けのソリューションだし、素人さんには理解しづらい構造だし、完璧な製品ではないという事のおかげで、私の様なMS製品の運用保守サポートをも生業にしている立場としては、貴重な飯の種になります(w

最も、Workgroup Editionでも、Active Directoryにメンバーサーバーとして参加出来るので、もっともっと高度で複雑な構成にすることが可能です。SOHO規模から中規模の組織に対応出来るソリューションとしては、こういう形になるのも納得です。つまりある程度の規模の団体組織の用途にも対応出来る製品だと言えます。

なお、リモートデスクトップ接続はデフォルトでは許可しない状態になっているので、まずはその辺りからセットアップする事になるでしょう。ストレージ(NAS)用途で使うなら、外部ストレージへのバックアップ機能のインストール等も必要ですね。

アンチウィルス系のソフトウェアは、マカフィーのコーポレートエディションが公式に対応しているらしいです。今後色々出てくるとは思いますが、サーバーOS用は少々お高いのが泣き所です。しかし備え無くしてはいざという時にえらい目にあいますので、やはり専用のセキュリティ対策は備えて置きたいものですね。

via S-Factory|Facebookページ

着実にコメントスパムが増えてます~

おかげさまで、仕事用のサイトがネット上に浸透していってる観たいで、コメントスパムが順調に増えています(w

もちろん、akismetがほぼ完璧に近い状態でブロックしてくれているので、コメントスパムの温床にはなっていません。1,500件以上のスパムを処理して1件だけ診断ミスをしたakismetですが、十分すぎる性能ですね。サイトを立ち上げてから一年足らず。この調子で運用しつづけていかなくてはいけないなと思います。スパムも一つのバロメーターですね(w

via S-Factory|Facebookページ

迷惑メールフィルターのドメイン定義

迷惑メールフィルタへの設定なのですが、下記の違い分かりますか?

1.@facebook.com(後方一致)
2.facebook.com(後方一致)

1の方は、頭に@が付いているので、facebook.comというドメインを指しています。これを許可すると、facebook.comというドメインのメールを許可する事になります。facebook.comドメインを明示的に指定するので結構安全な設定方法です。

2の方はfacebook.comで終わるアドレスを指すので、例えばこんなアドレスなんかも後方一致でマッチしてしまい、迷惑メールが届く可能性が高くなります。

summerjanboinfomaition10000000yen@docomo.001facebook.com

なんやねんコイツ!って思いますね。
よく見ると@docomoの文字も入ってます。

続きを読む

当サイトのセーフブラウジングが微妙・・

safe Browsing

日本語訳が妙に中途半端に思えるわけです。内容的にはうちのサイトは安全と言ってくれてるんだろうけど、微妙な言い回しもあってホントに微妙・・ありがたいような、ありがたくないような。

Google セーフ ブラウジング診断ページ: www.google.com
URLのところを書き換えれば、調べたいサイトが安全かどうか簡単なチェックができます。Googleが持ってる情報なのでまぁ参考程度にはなると思います。

via S-Factory|Facebookページ

ルミーズ決済に関するトラブル

本日はECサイトを運営しているクライアントさんからの相談で、クレジットカード決済と連携する部分でエラーが出る不具合の対応をしました。結局、決済連動の部分のプログラムが更新されたらしく、その関係でカード決済連携の為の追加された設定項目への入力が不十分だったのが原因でした。設定を調整してカード決済良好に。

それと、決済会社が提供している「提携サイト証明バッヂ」が表示されなくなってしまったという事もクライアントさんから相談いただいていて、これについてはカード決済会社の技術の人と電話で話したら、そのサービスは廃止になったという事でした。提携サイト証明のバッヂを表示するJavaScript(一種のブログパーツ)を削除して下さいと、クライアントへはメールで通知が来ていた様です。

remise_sps

技術系の通知は見落としというか、放置されている傾向が強く、Google様で検索してみると、同様のバッヂが表示されなくなっているECサイトが沢山あるある(w

ルミーズ サイトの所在を確認して下さい – Google 検索

こういうサイトの運営者さんって、システム系の話はよく分からないって話で見なかった事にしてるんだろうなぁ。それになによりも当該ECサイトが利益を上げているのか(継続営業中なのか)が重要なところ。放置プレイされているECサイトもありそうだし。

ルミーズロゴプログラムは終了したみたいです。

ルミーズロゴプログラムは終了したみたいです。

ルミーズ決済導入時に表示されていた上記バッジが表示されなくなったのは、ルミーズ決済が「ルミーズロゴプログラム」を廃止したからです。リンクをクリックしたらエラー表示されるという症状からも確認出来ます。

ちなみにこのサービスは、ルミーズとしては有料で提供しているそうなので、継続利用を希望するなら追加料金が発生します。

放置してても支障はないですが、お客さん視点では見た目でちょっとこのショップ大丈夫?って気持ちにはなりますね。まずはルミーズさんに問い合わせて詳しくサポートを受けるのが本道ですね。

ちょっと営業活動的にコンタクトしてみようかなぁ・・

でもお節介と受けとられるのもヤだなぁ。という訳でアクションは起こさないことにします。ご依頼を受けたらもちろん対応させていただきます。

S-Factory | Facebook Pageより