NECの法人向けノートPC(VersaPro)~型番から仕様を調べる方法があった

NEC製の法人向けPCについて調べたので備忘録

販社から型番で見積もりを貰ったが仕様がよくわからなくてNECに問い合わせたところ、「NEC PC検索システム」の存在を教えてくれた。

PC検索システム 型番直接指定検索

ここで、長ったらしい型番(製品構成コード)を入力して仕様や構成パーツを調べることができる。NECのVersaProについては概ね下記の様な製品ラインナップになっているらしい。

  • ベースモデルとなる製品(タイプ)がある
  • ベースモデル(タイプ)に構成パーツの変更や追加を組み合わせてカスタマイズできる

各ベースモデル(タイプ)のページから、「カスタマイズ/お見積り」へ進むと構成変更が可能となる。もちろんベースモデルによって選べるパーツや構成は限られている。例えばベーシックモデルである「タイプVA」はキーボードはテンキーレス(無し)固定なので、テンキー付きを選ぶことはできない。

キーボードの例を上げれば、テンキーの有無を選べるモデルがあるので、企業などで使用する場合は、使用者の好みによってテンキーレスを選ぶことができるので便利だと思う。個人的にはキーボード配列に無理を生じる場合はテンキーは要らない。キーが狭いとタイピングしづらい。

こういうカスタマイズができるのは多少なりとも便利だと感じる。そういうカスタマイズをサイト上で行えるし、その組み合わせから構成コードと呼ばれる長ったらしい型番が得られる。あとからこの構成コードを使ってどの様な構成だったかを調べることも可能だというわけだ。

ただ、残念というか片手落ちだと思うのは、外観写真が非常に少ないことだ。現物を見ることができずに機器を手配しなくてはならない場面では非常に選びにくい。

例えば私はテンキーレスを選べるなら希望するが、テンキーが不要というよりは、テンキーの存在がキーボード配列に影響してキーのピッチが狭くなるのが許せないのだ。ここが改善されずにテンキーだけ無くなっているのであれば、無意味なのでテンキーは付いていた方がマシだ(テンキーを使わない訳ではないので)。要するにタイピングし易いキーボードを選べるなら選びたいのだ。

そういうニーズへの配慮というか、そういう意識がメーカーには欠けているという事はヒシヒシと感じる。昔のIBM(ThinkPad)のノートパソコンはキーボードに拘っていた。そういうノートパソコンはほとんど存在しなくなった。どこかがそういうニーズを汲み取れば支持を得られると思うのだが。(実際、現場でキーボードのタイピングがしづらいという不満はよく耳にする)

YouTube動画をサイトに埋め込むテスト

YouTube動画をこのページに埋め込むテスト

一番簡単な方法はYouTubeから動画の「埋め込みコード」を取得して、HTMLソースに追記する方法。HTML編集が出来る人なら手軽に出来る方法です。慣れている人ならマウス操作だけでも実現可能な位に簡単です。
もちろん動画データはYouTubeのサーバーにありますので、自分のHPやブログに動画をアップロードしなくても構いません。お気に入り動画をどんどんブログに貼って行くのもこの方法だとお手軽です。

この動画は今朝のニュースで知りました。本当にとんでもない事故が起きてしまいました。
事故に遭われた方へのお悔やみ、怪我された方や関係者の安全を願っております。

続きを読む

ウィルスバスタークラウドで検査ファイル収集

ウィルスバスタークラウドで不可解な症状が出たので、トレンドマイクロに問い合わせたら、ウィルスログの収集と、隔離されたウィルス検体を送って欲しいと返事が来た。

■ ウイルスログの抽出

(1) タスクトレイのウイルスバスターアイコンをダブルクリックし メイン画面を起動します。

(2) メイン画面の右側にある「セキュリティレポート」項目をクリックします。
※パスワードを求められる場合は、パスワードを入力します。

(3) 画面右下の [詳細の表示] をクリックします。

(4) [表示の選択] にて [ウイルス] を選択します。

(5) 画面右上の [ファイルに出力] をクリックします。

(6) 「名前を付けて保存」画面で [保存する場所] を
[デスクトップ] にし、[ウイルスログ] と名前をつけて保存します。

(7) [×] ボタンで画面を閉じます。

こっちは問題なし。テスト用ウィルス(eicar)を隔離してるのでファイルに出力したら出来た。

vbuster_list

問題は隔離ファイルのコピー。指定されたフォルダは存在しなかった。

【2】隔離ファイルのコピーを作成

(1) [スタート] ボタンから [コンピュータ] *を開き、以下の順番でフォルダを展開します。
[Cドライブ] → [ユーザー] → [All Users] → [Trend Micro] → [AMSP]

※Cドライブは、お使いのコンピュータにより表記が異なる場合があります。
ドライブ名の後ろに(C:)と記載されているものが「Cドライブ」です。

(2) [AMSP] フォルダ内の [quarantine] フォルダ上で右クリックし 「コピー」を選択します。

(3) デスクトップ上で右クリックし、「貼り付け」を選択します。

(4) デスクトップに [quarantine] フォルダが作成されるかご確認ください。

Windows7でアプリが保存するファイルは、大抵ProgramDataにあるので探ってみたところ見つけられた。

C:\ProgramData\Trend Micro\AMSP\quarantine

ここに隔離フォルダと隔離されたと思われるファイルが存在したので、lhaphusで圧縮するところまでバッチ処理させてみた(デスクトップにzipで保存される)。これならフォルダが非表示(隠し属性)になっていても対応出来るだろう。

“C:\Program Files\Lhaplus\Lhaplus.exe” /c:zip /o:”%HOMEDRIVE%\%HOMEPATH%\DESKTOP” “C:\ProgramData\Trend Micro\AMSP\quarantine”

ウィルスバスターもなんか今ひとつ製品の質が良くないように思う・・頑張って欲しいものだ。

腕時計のユーザーインターフェースについて考察してみた~シニア層と話することで見えてきた本当の性能

私たちの親から腕時計の事で相談があり色々ヒアリングしているこの数日です。私たちもやや老眼らしき症状がで始めたり衰えを感じますが、親の世代になるともっと重要でしょう。

ヒアリングしていると半ばわがままとも取れる要件ですが、ごく当たり前に出てくるであろう要件でもあります。しかしこの要件を満たすものは中々少ないのが実情だと後に分かりました。特にデザインに関しては(好みの問題ですが)シニア層が求めているものが本当にあるのかな?という疑問をもたざるをえませんでした。

腕時計に求める要件

見やすい事

小さい文字が読みづらい老眼にとっては、文字盤のデザインがかなり重要です。大抵の場合長針と短針には夜光塗料が塗られているので針はホワイト系です。そうなると文字盤は黒っぽい色で針とのコントラストを確保するのが王道でしょう。文字盤の文字はゴチャゴチャしない程度に目立つ色を配して欲しいものです。

私は好みで長年ダイバーズウォッチを愛用しています。そこで感じるのは視認性の高さが確保されているものは往々にして黒い文字盤に白い文字、白い針というシンプルなデザインです。もちろんデザインによってはこの色使いでもごちゃごちゃしたものがあるのでそういうのは個人的にはパスします。デザイン性よりも見やすさが最優先だと思っています。

続きを読む

スマートフォン故障で考えた

スマートフォンが故障して電源が入らなくなりました。ショップの窓口に持ち込んで確認して貰いましたが故障だそうで、保証期間内なので無償修理だと言われましたが、中のデータについては諦めて下さいとのことでした。

早い話が代品交換になるらしく内部ストレージに記録されているデータは取り出せないとのこと。まぁ1万円ちょっと払えば別サービスで取り出せなくはないらしいのですが

殆どのデータはmicroSDカードにバックアップしていたり、クラウドストレージに保存しているので助かりましたが、特定のアプリのデータは内部ストレージに記録されているので諦めるしかなさそうです。高いお金を払ってまで固執しなくてもいいかなと。

そういう訳で、今回のアクシデントで学んだのはスマートフォンなんていう脆弱なデバイスに重要な(失うと面倒な)データは保存すべきではないと言うこと。

少なくとも内部ストレージは外部ストレージ(SD カードやクラウド)へコピーする仕組みが必要だと言うことです。アプリにそういう配慮が無いものは極力使わないか、手間をかけてでもバックアップを取る事を怠らない事ですね。

私は今回のことでスマートフォンの位置付けを認識し直す事にしました。何時壊れるかも知れない脆いデバイスだという認識でいる事は必須の様です。日頃どれだけ注意していてもアクシデントは予期できないタイミングで訪れるからアクシデントなのです。