旧PCで作った文書で使っているフォント名が不明~写真から調べることが出来た

知人がPCを買い替えたそうです。

Windows 7のPCを5年程使ってきたそうなのですが、ここんところ非常に遅くなり、固まったりして強制的に電源を切らざるを得なくなったりと、不具合続きだったのが、とうとうWindowsが起動するのに「運」が必要になったりと、実用に耐えなくなったそうで買い替えを決意したそうです。

近場なら遊びに行くついでに点検してあげられるのですが、確実に泊りがけの訪問になるのでそれはかないません。知人も周囲に頼れる人がいないので買い替え時期だと割り切って買い替えたそうです。(メールのセットアップ等はショップの訪問サービスを利用したそうで古いPCも処分してもらったそうです。)

結構な課題?

その知人から、以前のPCで使用していたExcel文書(おそらくOffice 2010を使用)を開くと、Windowsのシステムフォント(ゴシック体)に置き換えられてしまい、作成したイメージ通りの印刷が出来ないと相談を受けました。知人いわく、自分でフォントを追加するなんてことは自分では出来ないので元から入っていたはずだと。今回のPCはWindows 10 + Office 2016を購入したそうなのでOSとOfficeのバージョンが上がった為に古いフォントが入っていないのかも知れません。

しかし、Excelは開いた時に使われているフォントが無いと置き換えてしまうので、使っていた(使いたい)フォントの名前が分かりません。これは困ったことです。(PDFなら調べようはあるんですけどね・・)

手がかりはExcelファイルと、作品として印刷したものの写真が残っています。

どちらからアプローチしようかな・・

Office 2007の環境があればExcelファイルを開いてみるだけで解決したかも知れないのですが、手元にはExcel 2007を常用している環境はありません。VM環境に構築して確認するには手間と時間がかかります。

そこで、写真の方からアプローチすることにしました。幸いなことにフォントにはかなり特徴があるので、非デザイナーである私にも違いが見分けられそうです。かと言ってフォントをひたすら検索して見比べるのも苦痛です。

検索してみるとフォントの特徴から候補(フォント名)を絞り込んでくれるWebサービスを発見しました。日本語フォントには対応していない為、欧文フォントしか解析させられませんが、幸い今回の探し物は欧文フォントと思われるのでダメ元で試してみます。

画像をアップロードすると画像解析してフォント名を調べてくれる仕組みの様です。

WhatTheFont! « MyFonts

写真を加工する

手がかりとなる写真は、作例を斜めから撮影したものでした。少し歪が生じていますし、撮影の角度の関係から斜め向いています。このままアップロードするには個人情報も含まれていたりで問題ですし、GIMPを使って必要な部分だけ切り取って解析しやすく加工することにしました。

GIMPには、「遠近法」ツールが有るので、多少の歪は補正可能です。また「回転」ツールを使って傾いた状態をなるだけ平面っぽくなる様に修正します。最後に「明るさとコントラスト」ツールを使って、文字をくっきりとさせて置きます。

なるだけコンピュータが画像解析しやすい状態に整えてやることが、面倒でも近道になるんじゃないかと考えました。

画像をアップロードして解析

WhatTheFont!サイトの画像アップロードを行います。トリミングをして個人情報は除外したので気にせずにやってみました。

解析が終わると候補が表示され、この文字は何ですか?という感じの問いかけっぽいインターフェースが出てきます。正しく認識されているっぽい所、間違って認識されている所に正しい文字を入力して、絞り込みが出来るようにマニュアル操作を行います。

すると、候補となるフォントが絞り込まれてきました。全然違うやん!と思う様なフォントも候補として表示されたのですが、解析のアルゴリズムが人間の感覚と違うのかも知れません。

その中に、これだ!と思えるフォントが含まれていました。そのフォントのページに行くとサンプル的に文字を入力して、入力した文字をそのフォントで表示させられます。解析用写真として使えなかった文字の中で特徴的な文字を入力してみると、ほぼ間違いないだろうと思える結果が出ました。

フォント名が分かればフォントを入手出来る

無事にフォント名を突き止めることが出来ました。

フォントはフリーフォントだったので、安全そうなサイトからダウンロードして自分のPCにインストールし、メールで送ってこられたExcelファイルを開いてみると、無事にフォント名が認識されていました。

知人には、安全なフリーフォントと、インストールの手順をメールで送ってWindows 10環境でも使ってもらえるようにしました。

はがき印刷アプリ(筆まめ、筆ぐるめ等)をインストールしている場合は、それらに沢山のフォントが含まれているので、Windows 、Officeだけでは済まない可能性は有りますし、日本語フォントの場合は今回は突き詰めることが難しかったでしょう。

今回は無事に解決出来て良かったです。
英文フォントの正体(名前)を調べたい人は是非使わせていただきましょう。

WhatTheFont! « MyFonts

コメントを残す