Vine linuxのリリース版が終了~Vine Seedのみ継続とのこと

国産Redhat系(RPM系)Linuxディストリビューションとして軽量さと安定性、そして日本語ローカライズを高いレベルで維持してくれたVine linuxですが、残念なことに近年はリリース版が停滞している状況が続いており、この度、正式にリリース版を終了とのアナウンスが出ました。

私自身、Linuxの学習を始めた当時、X-WindowなしとX-Windowありの環境をVineで持っており、特にXなしの自宅サーバーでは、DNS、Mail、FTP、NFS、WebServer、SQL、その他色々な事を実験したりしつつ、24時間稼働のサーバーを長年運営していたこともあり、多くのことを学習させていただいた思い入れのあるディストリビューションでした。

安定性志向の私としては、近年は、debian GNU/Linuxを好んで使用しており、現在もVPSでdebianを使って稼働さ続けています。またVineが復活する日が来るならまた使いたいという思いがあります。そしてその時には今どきの「使える」デスクトップOSとして返り咲く事になるんだろうなと思っております。そう期待したいです。

個人的に、開発代表の鈴木大介氏には、なんどかアドバイスをいただいたりしてLinuxの理解を深めながら学習した思い出があります。本当に感謝しております。

開発チームの皆様、長年おつかれさまでした。そしてありがとうございました。
また復活の日を楽しみにしております。

なお、Vine Seed(開発版)はペースをゆっくりと続けて行くそうですので、日本語でLinuxディストリビューションの開発に関わりたい人はVine Seedの門を叩くというのもありなんじゃないかな?と思います。長年蓄積したノウハウもきっとあることでしょう。

[vine-users:082989] Vine Linux リリース版の終了について

タブレットの購入を検討した結果Amazon Fire Tabletを選んだ~アマゾンのサービスを便利に使うアイテム

Amazon Primeサービスを間違えて有効化させてしまい月額500円の支払いをする様になりましたが、Amazonで時々買い物をする事が結構あるので優先発送してくれるのは便利だし、スマートスピーカーを使う様になってAmazon Musicで音楽を聴くことも日常的になっているので、スマートスピーカーを導入して更に便利になったのは間違いないと感じています。

Amazon Primeの動画を視聴する為にスマートフォンを使ったり、それ以前に買ったGoogle ChromecastでTVにキャストして映画を見ることも出来て便利です。これらが結びつくことは体験してみると簡単に理解できるのですが、体験したことが無い人にはわからない便利さだと思います。

電子書籍を読むことが少し課題として残っています。いくつか電子書籍を購入していますが、PC画面が広くて見やすいもののできれば横になって読みたいということもありますし、タブレットで読めれば横に置いて見ながらPC画面で作業をする事もできます。

タブレットは初代iPad、Nexus7を使っていましたが最近では使っていません。どうしても技術は古くなっていくので今どきのサービスに対応出来ないからです。結局PCの画面で電子書籍を読むことになり、そうなるとPC作業の机の前に座らなくてはなりません。作業をしながら横に置いておけるタブレットは便利です。

続きを読む

音声認識がどんどん精度を上げて来て実用レベルに達している~各社ある中からAmazonをチョイス

10年以上前に英語の音声がコンピュータで認識出来たり、文字から喋らせたりすることが実用レベルになっていましたが、当時は日本語はまだまだ不自由で実用レベルには遠いとされていました。Google翻訳も読み上げ機能がありましたが日本語はなかなか厳しいものでした。

しかし、ここ数年でAI技術が急速に進化してから日本語の複雑な音声を高精度で認識させたり、発声させたりすることが実用レベルで使える段階に来ています。AIはサンプルとなるデータがあればそれらを元にどんどん学習させて行くことができる技術なので、柔軟性を持った音声認識が可能となります。日本語をコンピュータで扱う為にはどうしてもこの要素が必要だったのでしょう。

数年前からスマートスピーカーが普及しはじめ、音声で指示を出すと音声で応えてくれるという便利なデバイスも一般家庭に普及しています。家電の制御は音声認識デバイスを経由して操作可能となり、スマート家電が実用レベルになってきました。今から家を建てたりリフォームを計画するならスマート家電の導入が気になる課題です。

2020年、我が家にもスマートスピーカーがやってきました。たまたまAmazonのセール販売に出くわしたのですが、その前にうっかりAmazonでショッピング中にAmazon Primeを開始するというボタンをタッチしてしまい有効化させたことが関係しています。Amazon PrimeにはAmazon Musicも含まれているので多くの音楽をPrime会員の特典として聴くことができるので、スマートスピーカーがあれば好きな音楽を手軽に聴けるということに魅力を感じたからです。その流れでスマートスピーカーを購入しました。

続きを読む

当サイトは活動休止したままなので久しぶりにスタッフ日誌(2020年)~現在公共施設の管理等をお手伝いする仕事をしてます

新型コロナウィルスの日本国内流行が危惧されている現状、不要不急の外出は自粛しなくてはならず、仕事もテレワーク(自宅勤務)へとシフトする企業が増えてきました。昨年末頃から武漢でのウィルス流行の情報はキャッチしており、中国人の日本国内への入国制限はいつやるのかと気にしていましたが、結局日本政府はそれを出来ず国内にウィルスを拡散させてしまいました。これについては失策だと思っています。

もちろん経済への影響はありますが、国内で広げてしまうと収集がつかなくなると言うのは当然想定出来たハズです。ましてや新型コロナウィルスが非常にヤバそうだという情報は早期に中国国内の正義感を持った人がネットに情報を提供してくれていました。すぐに動画も情報を出した人も消されましたから尚更やばいと感じましたね。個人的に「中国という国」は人権が無いに等しい国なので全く信用していません。

私の近況

私の近況などに興味を持つ人はいないと思いますが、ここは私が管理しているサイトであり、個人事業主としてS-Factoryの活動を公表しているサイトなので投稿します。

S-Factoryとしての活動はずっと休止したままになっていますが、現在の私は公共施設の管理や新規工事に関する業務の補助業務を仕事としています。業態としては官公庁事務所に常駐して技術系のスタッフとして働かせていただいてます。

一応、生きていて真面目に働いております(笑

私が得意とするネットワーク、サーバー(インフラ)のスキルはあまり使う機会はありませんが、既存のネットワーク(光ケーブル)や、(無線)によるネットワークもあるのでそういうものの維持管理や、トラブル対応、拡張等の際には役立つことはあります。ド素人ではちょっとしんどいネットワーク構成だったりするので身につけたスキルをベースに新たな事を覚えられるというのは無駄では無いですね。

最も使っている日々のスキルはPCスキルです。今の時代のシステムは必ずと言って良いほどPCを利用しています。またWindows Server、Linux Serverが必ず使われているものです。最初の仕事で身につけたハードウェアのメンテナンス経験も設備維持には役立っており、色々な場面で「勘が働く」ので割と近道を選んで進めるメリットがあります。

しかし、主に従事している業務は事務的な業務(手続き的なこと)が多く、実作業を行う業者さんとのやり取りが大半です。現場での実作業は行う立場に有りません。当初はちょっと歯がゆい感じでしたが今は慣れました。幸い人とのコミュニケーションは苦手では無いので現場を任せる業者の方とも比較的良好な関係を築けているのでは無いかな?と思っています。

続きを読む

VPSサーバーのMySQLをMariaDBに変更~互換性があるので簡単だった

VPSサーバーのOSをアップグレードすることにしました。当サイトはDebian GNU/Linuxを使っています。今までOSはFreeBSD、Vinelinux、CentOSなどを使って来ましたが現在はDebianに落ち着いています。特に不満もありませんし安定性が気に入っています。

WebサーバーとデータベースはApache+MySQLで動かしてきましたが、Debian 10がリリースされたこともあり、これを機会にMySQLをやめてMariaDBに変更します。MariaDBはMySQLと互換性が高く保たれているそうなので、一応バックアップは取るものの、トラブルが無ければすんなりと移行出来るハズです。

Apacheは継続して使うつもりなので(Nginxにはしない)、懸念するところはMySQLのデータをMariaDBに上手く移行させられるか?というところです。

続きを読む