Linux Mint debian editionなら古いPCでも快適に使える〜debianベースのLinux Mint(LMDE)

PCツール

debianがあればWindows要らない

仕事(勤め先)では新しいWindowsパソコン(Windows11)を使っています。PCの入れ替えでWindows11のセットアップなんかも行う機会が多いです。実に面倒くさいです。

しかし、私個人としては一般的なパソコン用途であれば新しいWindowsパソコンは要らないと感じていて、プライベートでは新たに新しいPCを購入するのも馬鹿らしいと思っています。実際長年使っているパソコン(Windows10)で事足りています。

ただし、Pegasys TMPGEncシリーズの動画編集アプリ(有償)を使いたいのでWindowsは完全になくすことはできてません。このアプリさえLinuxに対応してくれればWindowsは捨てられるのに・・と思っています。

古いノートPCではLinuxを愛用しています。Microsoft Office 2013のサポートが切れた際にMS-Officeは消し去りました。その後LibreOfficeを使って事足りています。個人利用であればOfficeの互換性(Excel、Wordなど)はほぼ必要ありませんし、無料のLibreOfficeもどんどん改良されていてExcelファイルを開いたりしても実用上問題ありません。

Linuxの中でも気に入っているのはdebianです。debian xfceが一番使い慣れていて比較的軽い動作もあって古いPCでも何ら問題なく使用できています。debianはこのブログが稼働しているVPSサーバーでも使っていますし、デスクトップ用途としては主にブログの更新、説明画像の作成や写真のトリミングを行っています。画像編集はGIMPでできますし、文書作成はLibreOfficeで十分です。

Linux Mintにdebianエディションがある

debianは、VPS上でサーバーOSとして長年使用していることもあってディレクトリ構造や管理の仕組みなどが気に入っています。元々はVinelinuxでAPTが使用できる様になった時にそのパッケージ管理が画期的に便利になったことでdebianの考えが好きになり、その後debianに移行してからはずっと愛用し続けています。

仕事の関係でRedhatの学習をしてベンダー資格も取得しましたが、プライベートではやっぱりdebianのもんだなと思っています。

今ではdebianよりもdebianをベースとして独自に開発されているUbuntuの方が知名度も高いですが、やっぱり本流にあるdebianの信頼性が気に入っています。

過去には専門の書籍が発刊されたりして知名度のあるUbuntuですが、リリースされて注目された頃に比べると肥大して動作が重くなってしまったのが残念です。現在の私はUbuntuは使っていません。現行版のUbuntuを快適に使おうと考えるとやっぱり新しいPC(ハードウェア)が必要になります。要求されるハードウェア要件がWindowsと同等レベルならWindowsを使ったほうが良いとも言えてしまいます。

そのUbuntuをベースとしたLinux Mintが個人用途としてかなり便利だということも経験済ですが、Ubuntuをベースとしている点がどうもひっかかって積極的には使用していませんでした。しかし、Linux Mintにはdebianをベースとしたエディション(LMDE)があります。

Linux Mint debian Edition(LMDE)が快適

debianをベースとしたLinux Mint(LMDE)の存在は、debianで満足と思っていた私にとってちょっと興味を引くOSでした。試しに使ってみるとdebianでは実現できていない不便なところを補足してくれていて、これならLinux初心者でも比較的容易に使用できるのでは?と思えます。debianで不便と言ってもできないというのではなく、実現するのに手間がかかる(故に不便)という部類です。

Linux OSをデスクトップOSをとして使用する際に、必須とも言える設定はLinux Mintの場合ウェルカムスクリーンからアクセスできます。日本語入力の設定もほぼワンタッチです。

また、debianをベースとしているLMDEはより軽快に動作するのも魅力です。私の様に使い慣れたキーボードに固執して古いノートPCを愛用するユーザーにはもってこいです。まだCore2 Duoのメモリー4GBパソコン(Windows Vista時代)を現役で使っています。本当はWindows XP時代のThinkPad X31を使いたいけど流石にそれは無理か・・キーボードは最高レベルなんですけどねX31は。

Linux Mintのウェルカムスクリーンからアクセスできる便利な環境設定メニューを体験してしまうと、素のdebianは配慮が足りない(ユーザーに優しくない)と感じます。LMDEを盛り上げる必要があるんじゃないか?と思えてきました。

個人的にはLinux Mint debian Edition(LMDE)がおすすめです。理由は色々ありますが、より上流に位置するdebianをベースとした十分安定したLinux Mintの特別版であり、Ubuntuをベースとした通常のLinux Mintよりも動作が軽い点です。

LMDEは、debianをベースとしていることからユーザー数さえ確保されれば長期間のサポート(リリース)が続けられると期待できます。ユーザー数が増えなければ途絶えてしまう可能性もありますが・・・万一Ubuntuが終了してしまってもLMDEの継続は可能性が残ります。

Linux Mint

Linux Mintは多言語対応の進んだディストリビューションですが、それを更に日本語にかなりローカライズする活動もある様です。ただし残念ながら活動が停滞している様です。

でも安心して大丈夫です。Linux Mint自体が多言語対応していて、日本語で使用するユーザーにも親切に作られています。

配布サイトは英語表記になっていますが、インストールイメージ(ISO)をダウンロードして実行すれば、きちんと日本語の選択肢が表示され、日本語でインストールできます。日本語入力の設定も親切になっているので手順さえ分かれば苦労がありません。

インストール手順なんかは、検索すれば見つかるし、YouTubeにもかなり上がっているので一度見てみると良いでしょう。一つインストール動画を紹介しておきます。

Linux Mintが快適だと思う点

動作が軽い

私の場合は古いノートPC(キーボードが気に入っている)を使い続けていることもあり、無駄に重くて動作が遅いOSは使いたくありません。Ubuntuもすっかり重くなってしまったのでなるだけ軽いLinuxディストリビューションを選んでしまいます。そういう意味もあってdebianがお気に入りです。なのでdebianベースであるLMDE(Linux Mint debian edition)がお気に入りです。

環境設定が楽ちん

インストール直後に日本語入力の設定をしてやったりして環境整備をしてやる必要があるのがLinuxディストリビューションの多くの場合のデメリットですが、コマンド入力なしでマウスでワンクリックという手軽さを実現しているLinux Mintは素晴らしいです。

基本的にOSSのソフトウェアを使用する前提になるので、ライセンス認証やらの煩わしさもありません。(有償アプリを使用する場合はもちろんその手間は必要です)

コマンド操作できない訳ではありませんが、そういうのが手間に思ってしまう私にとっては、この手軽さはとても魅力的です。なぜならPC(OS)をいじって遊ぶという段階はとっくの昔に卒業しているので、なるだけ手間や時間をかけたくありません。

PCを使って何かをする(文書作成、画像編集、ブログ更新、動画編集・・・)ということが目的となっている人にはこの点はとても重要だと思います。目的が明確ならなるだけ最短の手段をとりたいものだと思うのです。

ソフトウェアマネージャ

ソフトウェア(アプリ)を選択してリポジトリからダウンロード&インストールできますが、非常に便利です。最初からFlatpakに対応している点はかなりの評価点であり、例えば素のdebianの場合はFlatpakを使うためには自分で環境を整備してやり、更に使いこなす知識(経験)が必要です。debianの場合はFlatpakはインストールされているので、リポジトリを追加してコマンド操作でアプリをインストールします。アップデートもコマンド操作で行う必要があります。

しかしLinux Mintの場合は、debianリポジトリなのかFlatpakなのかを意識することなく、ソフトウェアマネージャから使いたいアプリを選んでクリックするだけで使用できます。アップデートもアップデートマネージャでまとめて行えます。

Flatpakはオープンソースなソフトウェアを依存関係を意識することなく使用できるようにまとめてくれており、新しいバージョンが利用できる様に活発にメンテナンスされているので、例えばdebianのリポジトリからインストールするTelegram-Desktopはなかなか更新されませんが、Flatpakだと結構な頻度で最新版に更新されます。

debianのリポジトリに頼っているとすっかり置いてけぼりにされますが、Flatpakだと新しい機能にも追従して行くので快適です。個人的にはFlatpakの方を優先して使うようにしています。

Flatpakは多くのソフトウェアに対応しているので、こんなものまでインストールできる!という嬉しい驚きもあったりします。それが手間をかけずに最初から備わっているのですから使わない手はありません。

アップデートマネージャ

素のdebianを使っていて若干不便だと思うのはアップデート通知がないことです。パッケージの更新を定期的に自発的に意識しないと脆弱性のあるバージョンのまま使い続けてしまうという点があります。

もちろんこれらを意識できる人は手動でアップデートをかければ済むことなので大きな問題ではありませんが、Windowsに慣れている人なんか(一般のユーザー)はアップデートがあると通知してくれる機能は便利です。Windowsでも更新を後回しにしているユーザーが多いですから、通知してくれないとほたらかしになるのは目に見えてます。

Linux mintはそのあたりもしっかり配慮してくれていて、アップデートマネージャがしっかりとアプリの更新をサポートしてくれます。更新があれば通知も表示されますし簡単にアップデートを実行できます。

アップデートマネージャは、debianリポジトリだけでなく、Flatpakも面倒みてくれるのでユーザーとしては違いを意識する必要もありません。Flatpakは比較的頻度の高い更新に対応しているので、この仕組みはとてもありがたく、Linux環境のデスクトップOSを使用する上に置いて非常に便利です。

気が利いている点は、世界中にあるサーバーから高速なサーバーを選択することができて、Windowsの様に時間がかかって処理も遅くなってイライラさせられることはまず無いという点です。なるだけ高速にダウンロードしてアップデートを終えてほしいですからありがたいです。

Windowsを使っていて一番不便なのは、押し付けがましく空気を読めないアップデートに作業を邪魔をされることです。そういうストレスがLinux Mintにはありません。Windowsは再起動を頻繁に要求してくるので本当に鬱陶しいです。Linuxでもカーネル周りの更新では再起動を要求されますが回数は1回で済んでシンプルなものです。通常のアップデートでは作業中に再起動を要求されることは珍しいです。

OSのアップデートに追従しやすい

OSの再インストール等で環境を一新して作業環境を再構築する場合、debianであればちょっと今はタイミングが悪いな・・とか思って、新しいバージョンに追従していけないことがあります。

Linux Mintの場合、これだけ手間がかからなければ積極的に新しいバージョンのOSに追従して行けます。

私はLinux Mint debian Edition 6(LMDE6)を使っているので、次のバージョン(LMDE7)がリリースされるのが楽しみです。個人的にdebian Editionは軽快でおすすめなので、パソコンを買い替えて手元に余っているWindows7パソコンや、Windows10パソコンを再利用してLinuxを使ってみようと考えている人は是非使ってみて下さい。

Windows 11に対応していないパソコンが一般的には使い物にならなくなる期限が刻々と迫ってきています。Microsoftが一方的に決めたハードウェア要件を満たしていないパソコンはサポート対象外とされます。(強引にWindows11をインストールする方法もありますが)

そんな切り捨てられたパソコンをLinux Mintでまだまだ活用することも出来ると思います。断言はできませんが、Windows7が普通に動いていたパソコンであれば、大抵の場合はLinux Mintが実用範囲で動くと思います。少なくとも私個人はMicrosoftに振り回されるのはごめんだなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました