Filemaker Goを使いたいのでiPhone 4を入手

現在、私はFilemaker Pro 12を使用していますが、Filemakerとの付き合いは、まだFilemakerがリレーショナルデータベースでなく、カード型の頃からの付き合いなのです。そう、私は元はコテコテのMacユーザーなのです。

以前にも記したかも知れませんが、Mac環境でC++言語を使ってプログラミング学習を独学でやってました。当時はインターネットなんてものも無いし、パソコン通信のBBS(ニフティサーブ)にも偏った情報しか有りませんでした。プログラミングの書籍は、幸いながら通勤ルートの途中に岩本町(秋葉原)があったので途中で降りて、大きな書店に買いに行くことが可能でした。

しかし、今でこそプログラミング書籍は掃いて捨てるほど選択肢がありますが、当時はさほどありませんでした。ましてやMacintosh環境でのプログラミング書籍は本当に少なかった。だけど当時の私はMacintoshしか持っていなかったので、Macintoshでやるしかなかった。いわゆるDOS/V+MS-DOSの方がプログラミングの学習は近道だと言われましたが、パソコンは安くても20万円が当たり前でしたから、そういう買い足すなんて事が出来るハズがありません。Macintosh用のプログラミング解説本、資料は非常に高価で、一冊1万円以上するのも何冊か購入しました。例えばInside Macintoshの最初の方には、MacのUIの設計ポリシーとかみっちり書かれていたりするので、未だにあの本は使えるとは思っていますけどね。Inside Macintoshだけでも3冊以上持ってると思います。

結局、Macintosh環境で、しかもC++というのがハードルが高すぎたせいか数年頑張ったけど努力にも限界があると感じて諦めました。というか挫折しました。本当は参考書籍が多いPascalでやりたかったんですけど、肝心のPascal言語のコンパイラを入手出来ませんでした。秋葉原ですら売ってなかったのです。Pascalのコンパイラが手に入っていたら私のプログラミング経歴も変わっていたかも知れません。

続きを読む

docomoのXiトーク24を仕事用に

私は携帯電話は東京デジタルホンの時からの流れで、J-Phone、Vodafone、Softbankのまま使用しています。周囲にはiPhoneを使っている友達も多いので、Softbankのホワイトプランが結構重宝していたりして、まぁこれはこれで良いかなと思っていたのですが、フリーで仕事をする様になってから、色々なクライアントと携帯電話で通話をする事が増えました。

今の日本の携帯電話業界は、どうやら横の連携をとっているらしく、Softbankの場合も無料通話外に出ると21円/30秒という課金がかかります。1分で41円ですから、10分だと410円。込み入った仕事の話をしていると10分では終わりませんね。話があれこれ飛び火していくこともありますし。

そして翌月の引き落としを見て通話料たかっとなる訳です。

大きな会社でしたら、それを見越した以上の利益をしっかりあげていて通信費用は経費として暗黙的に落とせるでしょうが、小規模な個人事業の場合は売上自体が知れていますし、利益も厚くは取れないので、こういう経費は無視出来ない問題でもあります。っていうかここを意識してないと、「今月は沢山受注して仕事したから儲かったな!」とか思っても、フタを開けたら携帯で電話かけまくってたとかで、翌月経費を引くと利益がほとんど残らなかったという事態にもなりかねません。

同様に、社用車のガソリン代なども無視は出来ないですね。S-Factoryでは100ccスクーターでの移動を基本としているので、移動にかかる経費も極力押さえるように努力はしています。

個人事業主の場合、一人で全てをやらなくてはならないので、コスト意識はすごく大切です。

続きを読む

Fusion IP-Phone SMART

FUSION COMMUNICATION外出先からメーカーとかに問い合わせの電話をする事が多くなってきたので、ケータイ電話の通話料21円/30秒よりも、8.4円/30秒と半額以下で通話出来るIP電話を検討中です。FUSIONが最有力です。

私はスマートフォンをデータ通信専用として使っており、携帯電話と併用しています。スマートフォンでIP電話の利用は、自分が使っているキャリア以外の電話に、ちょっと長引きそうな用件の電話をかける時の発信専用電話としてです。通話料が半額と考えたら使わない手はないでしょう。仮に10分通話をしたとして410円:168円ですからやっぱり半額以下ですね。

当初は基本料金315円の050PlusでNTT系列のIP電話との通話無料が行えるので良いかなと思ってたのですが、相手が自宅及び実家位しか思い当たりませんし、選択肢として基本料金0円のFUSIONてのが有ると先日「TOMさん」に教えてもらって知ったら、そりゃ通話相手がNTT系列のIP電話以外(携帯電話とか固定電話とか)なら魅力的だなって思いますよね。

通話料金を使った分だけ支払って、使わなかったら0円ってのは消費者に対してフレンドリーだと思います。(私の運用形態としては通話を使わない時は全く使わないので・・差が激しい)

050Plusに比べてFUSIONの面白いところは、標準的なSIPプロトコルに準拠している点で、IP電話アプリを選べちゃう点です。現在はオフィシャルにサポートされているSIPアプリは「AGEphone」と「Chiffon」の二択ですが、「CSipSimple」なんかも使えるみたいですし、今後便利なSIP対応アプリが増える可能性もありそうですね。まぁ現在の目的は出先からなるだけ安く電話するだけだから安定して音声通話できれば十分なんですけどね。

しかしこれ、携帯電話の使い方によっては音声通話専用のケータイは要らなくなる気がします。ケータイ各社も家族通話とか無料にしてるキャリアが多いけれど、FUSION系列同士の050通話なら無料通話だし、Wi-Fi環境かデータ通信カードが有れば事足りちゃいますから高額なパケット定額の契約も不要です。データ通信専用のMVNOで十分でしょう。

もはやケータイ電話に月額5,000円以上とか払うのバカらしくなって来ますね。ケータイ通話料金を下げる目的で使う人は今後ますます増えるでしょう。

やや脱線しますが、キャリア間のSMSが可能になってさほど時間が経ってない訳ですが、LINEの普及などもめまぐるしいですし、もはやSMSすら使わないってことになって行きそうな気配がします。SMSは携帯電話の方で使えるので何も変化はありませんから、当面はSNS/LINE等のメッセンジャーの使い分けですね。相手がLINEを使ってないって事もあるでしょうからSMSを全く使わないってのも無理な話でしょう。交友関係が広い人は尚更ですね。

さてこうなってくると、場面場面に応じて情報機器をいかに効率よく使い分けるか?って事がポイントになって来ると思います。ぶっちゃけこれは大半のユーザーさんには結構キツイと思います。こいういうものに興味をもって自主的に比較して、選択して、使いこなす努力が必要な部類でしょう。

FUSIONのIP電話は通話品質も悪くない様ですし、申し込んで使ってみようかなと思っています。技術的には昔からSIPには興味アリアリですし、オープンソースのPBXシステム構築アプリであるAsteriskにも当然ながら興味があります。そう言えばYAMAHAルーターのネットボランチ電話とかもSIPプロトコルだったなぁ。

IIJmioも負けてません。がんばれー!

最近、「ほぼスマホ」をはじめとした、スマートフォン+データ専用通信カードの組み合わせに、IP電話アプリを追加してデータ通信といて音声通話を実現するソリューションが多くリリースされています。ほぼ通信カードはDoCoMoのMVNOですね。

DoCoMoのMVNOは、私自身もIIJmioのミニマムスタートプランを使っています。四六時中使用する訳では無く、仕事で外出する際等に、スマートフォンやNexus7を持って行き(場合によってはノートPCも持参)、少々遅い回線ながらインターネット接続して、調べ事やファイルのダウンロードが出来るので重宝しています。しかも月額利用料は定額ですから、パケット通信量オーバーでえらい金額を請求される心配もありません。

続きを読む

IIJmioはどの程度使えるか(Nexus7-32T)

iijmioNexus7-32T(SIMフリー版)と組み合わせるIIJmio ウェルカムパック for イオンを納品して来ました。Nexus7のセットアップも含めての出張対応です。ウェルカムパックは私がイオンモールに行って買って来ました。返品出来ませんって言う事について承諾書を書かされましたけど、今は本人確認も要らないので代理で購入できて結構手軽ですね。よく考えていると思います。

通常のIIJmioはネットで申し込んでから早ければ3~4日でSIMカードが届く手順になりますが、for イオンの場合は3,150円で販売されているウェルカムキットにSIMカードが含まれているので、イオンの店舗で購入して来ればすぐに利用開始出来ます。買ってきてすぐに使えるので急いでいる場合は for イオンの方が断然スピーディーですね。ネットに接続できるデバイスとクレジットカードさえ準備してあれば、購入してすぐイオンモールのどこかでお茶でもしながらSIMカードを有効にして使いはじめる事も可能です。

続きを読む