Windows7環境でPostgreSQL

PostgreSQLは今までずっとLinuxサーバー上に構築してきたので、Windows版を使った経験が無くて敬遠していた所があったのですが、EC-CUBEのテストをやりたいのでPostgreSQLをローカル環境で使いたくて試してみたところ簡単に構築出来てしまいました。

pgAdmin-IIIPostgreSQLのWindows版をインストールするのは、コレといってどうという話でも無いのですが、インストーラに「スタックビルダ」というものが付属されていて、試しにオプションを確認してみたところ、Apache/PHPという項目と、phpPgAdminという項目があるではないですか。選択するとネット経由で当該インストーラをDLしてくる仕組みらしいですが、PostgreSQLをインストールしたPATHを案内してやるだけで後はお気軽インストール。

続きを読む

テキストファイルをごっそり比較するツール

某CMSのカスタマイズ版とオリジナル版のソースコードを比較するのに苦労していて、試しに使ってみたところ、フォルダ単位 でソースコードを比較(DIFF)出来るのはまぁ普通としても、並べて差異を色違いで表示できて、そのまま編集したり、エディタ指定で開いたり出来てかなり便利でした。

最も嬉しかったのは改行コード(CRLF、LF、CR)の違いを無視させる事が出来るところ。標準的なDIFFだと改行コードの違いも差異と認識するので、カスタマイズ版で使った環境(恐らくMac OSX)のエディタの改行コードが混ざっててゴミ掃除に途方もない時間を掛ける必要があって涙目だったのです。

改行コードの違いだけでも相違と診断されるので、あまりにも地味で報われない作業に諦めそうになっていたところ、WinMergeのおかげでかなり捗ってありがたいです。

ちなみにTortoiseSVNと連携もさせられるので、TortoiseSVNからバージョン差分表示を行うと、標準ビューアよりもずっと高機能なDIFFビューアとしてWinMergeで開くことが出来るようになりました。これは使わない手は無いですね。

こういうツールは本当にありがたいです。日本語ローカライズされているので文字化け無くきちんと読めるのでプログラミング用途以外にも使えそうです。

WinMerge

WinMerge 日本語版

Windowsシステムの復元ポイントを活用する~トラブル時に手間がかからず復旧出来る確率が高い

Windowsパソコンを使っていてトラブルに遭遇してしまい相談を受けることがあります。その様な場合に、私がまず確認するのは、そのトラブルが発生した原因と、何時からなのか?という2点です。

なぜかと言うと、Windows OSの場合、XP以降は「システムの復元」という方法でシステム的なバックアップを取る仕組みが実装されているからです。この方法を使うと直近の復元ポイントまでシステムの状態を戻す事で、PCのトラブルの原因となった事象を無かったことに出来る可能性があります。

言い換えると、Windowsのシステムを「過去の状態に戻す」機能を使います。

続きを読む

Windowsパソコンのネットワークポート使用状況を確認して競合トラブル対応(Windows)

以前、Windowsアプリケーションを実行した際のネットワークトラブルの原因として、「ウェルノウンポートの競合」というエントリーを記しましたが、ポートの競合の状態をもっとWindowsライクに調べる方法を思い出したので追加情報です。

使うのは「リソースモニター」の「ネットワーク」タブです。

リソースモニターのネットワークタブからリッスンポートを確認出来る。

リソースモニターのネットワークタブからリッスンポートを確認出来る。

続きを読む

パソコン故障・修理・サポート.COMに掲載

PC関係業者の検索サイト「パソコン故障・修理・サポート.COM」に掲載していただきました。

S-Factoryの場合、ご提供しているサービスが「パソコン関係」だけでは無いのですが、池田市で営業しているという地域的なメリットを生かしたお手伝いが出来るチャンスが増えれば良いなと思っております。