インターネットラジオ(Radiko)~地域制限を回避して東京の放送を聴く余地がある

最近、FMラジオ放送にはまってるというか、若い頃にローカルFM放送のエアチェックにはまっていたのを思い出したというかそんな感じでラジオ放送を聴くのが楽しい時間になっています。テレビは似たような内容やお決まりのパターンがマンネリで面白く無いからラジオの方が楽しいというのが本音です。

そんな学生時代を送っていた頃から20年以上の年月が経過している訳ですが、テレビの面白くなささは拍車をかけるさまで最近はマンネリも良いところですね。本当に面白いと思える番組がほとんどありません。

ラジオの魅力は映像が無い事だと思います。聞こえてくる人の声から勝手にイメージを作り出して自分の頭の中で人物像を動かします。私は自分で考えなくてはならない小説を読むのが苦手です(断然漫画派です)がこの部分だけはちゃんと面白さを理解出来ているのかな?って思います。

続きを読む

docomo通話・通話先明細(Web)

個人携帯電話を仕事にも使っていると、仕事とプライベートとがごちゃまぜになってしまう。こういうのはわかりづらいので何とかしたいと思っていた。

一緒に仕事している人が、docomoで手続きをしたら通話先と通話時間(料金)をWebで観られるようになるよと教えてくれた。そういう訳でdocomoショップに出向いて手続きをしてきた。手続きは無料でやってくれたが、少し時間がかかり翌月から利用可能と言われた。

Web料金明細サービス | 料金・割引 | NTTドコモ

半月ほどで使えるようになったので自分で操作してみたところ、発信日時と通話時間、通話先電話番号や通話料金が表示される。私はXi契約のカケホーダイにしているので、通話先がdocomoなら無料対象になる。それもきちんと表示される。しかし電話番号を覚えてる訳では無いのでいまいち見づらい。

このページからPDFファイルとして保存することも出来るのだが、PDFの出力はdocomoのシステムで行っているので加工は難しい。しかしWebページなら書き換える事は難しくないので(実際Firebug等で容易に書き換えられる)、もっと効率よく予め電話番号に該当する通話先名を登録しておいて、ワンタッチで置換してくれるアドオンは無いものかなと調べてみたらすぐに見つかった。

FoxReplace :: Add-ons for Firefox

FirefoxにFoxReplaceを追加実装すれば、FoxReplaceで置換が可能になる。予めかける可能性がある電話番号を電話帳からピックアップして片っ端から置換パターンを登録しておけば、docomoの通話記録の電話番号部分を相手先名に置換出来る事を検証できた。最初の登録が面倒ではあるがそれ以降は楽出来るのでこれは便利だ。

PDFの内部書き換えは技術的にも非常にめんどくさいのでパスするとして、発信記録の明細を読みやすくする目的には十分な効果が見込めると思う。

zenbackの利用を停止~待てども関係ある記事の候補が表示されない

サイトの表示が遅いのでzenbackの利用を停止しました。

Zenbackであなたのブログに全てのフィードバックを。

以前から当サイトでのzenbackの挙動は気になっていたのですが、このサイトの記事と関連性のある他のサイトの記事が一向に表示されず未意味だなぁと思っていました。いずれ改善されるだろうと我慢して放置してましたが、一向に改善されずサイト名が似ている記事(内容は無関係なもの)ばっかり表示されるので、やっぱり無意味だなと判断しました。無意味なコンテンツが表示されてレスポンスが悪いとなると百害あって一利なしな状態だなと思った次第です。

ウィジェットで実装していたのでウィジェットを外すだけで良かったので、もっと早く対応しておけば良かったものを横着して放置してたのでバカだったなぁと今更ながら思っているところです。本当の目的を果たしているサイトってあるのかなぁと思いますが、まぁどうでもいいか。自前サイトはシンプルなのがいいなと思っているところです。

Microsoft Expression Web 4~ホームページビルダーより柔軟性がありきちんとしたHP更新用無料アプリケーション

過去にはMacromedia Dreamweaverを使ってホームページの作成を始め、その後HTMLやXHTMLとCSSを独学で学んでそこそこWebのスキルを身に付けたものです。

最近ではテキストエディタとFirefoxとFireBugが一番Webサイトのテスト検証をやりやすい環境だと思っていますが、私はWeb屋ではないのであらゆるタグやスタイル記述を覚えている訳では無く、HTMLエディタを使うのがベターだなと考えました。

更に私以外の人がページを編集することも配慮しなくてはなりません。まず候補に挙がるのはテンプレート機能が使えるDreamweaverですが、多機能なので操作が複雑なのと結構な費用がかかる事です。ちょっとした編集を目的とした用途にはこの費用は高く感じます。

そこで、Microsoftが無償化したExpression Web 4を使ってみる事にしました。評判によるとあまり余計なソースを生成しないという比較的硬派なHTMLエディタだと聞いていましたが、実際にインストールして使ってみるとかなりいい感じです。特にVisualStudioで養ったIntelliSense機能によるタグ補完機能がいい感じ。HTMLは当然、CSSもIntelliSenseでどんどん補完してくれます。

2/4 ウェブ作成ソフト Microsoft Expression Web が無料化 [ホームページ作成] All About

ダウンロードは上記記事を参考にすると良いでしょう。デフォルトだと英語版がダウンロードされるので、「+Details」からJapaneseを選択して日本語版をダウンロードするだけですけど。ついでにDesignとEncoderもゲットしておくと便利かも知れません。

最近だと、HTML5+CSS3を扱うことも増えたので、HTML5スキーマを利用できるようにして置くと便利です。アドインがあるので簡単にHTML5対応のHTMLエディタ(IntelliSense機能)が実現出来ます。Expression Webはほとんど余計なことをしないので嬉しいことです。

後は、書式設定からダイナミックWebテンプレートを実行して、Dreamweaverでいうところのテンプレートを定義していけば、Expression Webでもテンプレート機能が使えるので、触ってほしくない部分や一元管理したい部分をテンプレートにしておけば合理的な管理が出来ます。

この辺り個人的にはWordPressを使ってCMS的にコンテンツ部分だけを更新してもらう方法がベターだと思っているのですが、動作環境によってはDBが使えないことも十分想定出来るしページ数が少ない場合等はむしろ静的ページとして管理した方がメリットが多い場合もあると思います。

本来有償で販売されていたアプリケーションがこうやって無償で使用出来るのはありがたいことです。Microsoft製のソフトウェアには当たり外れがあるのですが(笑)、個人的にはExpression Webは当たりじゃないかなと思っています。ありがたく使わせていただき有効活用しましょう。

MozBackupでトラブルに備える~Mozilla Thunderbird と Firefoxのバックアップ

FirefoxとThunderbirdを使い続けてもう何年にもなりますが、日常使っているWindows環境は安定しているので入れ替え等は縁が有りませんでした。しかし仕事の関係(所謂WindowsXP問題)でFirefoxとThunderbirdの環境を新しいPCに移行させる必要に迫られました。

便利なものを発見しました。mozbackupなるツールです。Mozillaのアプリケーション専用のバックアップを行うツール。Mozilla純正ではありませんが公式サイトで見つけましたので、信頼性は高そうです。

MozBackup – Backup tool for Firefox and Thunderbird

Windowsアプリですから、例に漏れずGUIで操作が出来て誰でも簡単に行えると思います。特筆すべき点は、メールデータ(アーカイブ)と一緒に、アドレス帳やアカウント等も含めて全てをごっそりとバックアップし、移行先ではバックアップから復元出来るのでほとんど手間がかかりません。

続きを読む