Windowsでawkを便利に使う-1

awkをWindowsで使う為の環境づくりを動画でYouTubeにアップロードしました。

聞きながら見るという方法が一番無駄がないのですが、マイクの音質が悪いのでコメントを字幕として設定しています。やっている事が良く分からない場合は字幕を有効にしてみて下さい。

正直に書くブログ」でも記していますが、awkをWindowsで使える状態にして置くと、仕事の現場においては何かと便利です。特にCSVデータを扱う人にとってはかなり便利なツールで有ると言えます。

おーくの友だち」というユーティリティを使うと非常にWindowsライクな操作になるので、このユーティリティと、実際に処理をするgawk.exeというプログラムをダウンロードしてセットアップします。

設定の手順の中で、INIファイルを直接編集して絶対パスを相対パスに書き換えている部分があります。おそらくココの部分が壁になるとは思いますが、「おーくの友だち」を作っている開発者さんに改修していただけたら一番良いのになと思っています。

テキストファイルをごっそり比較するツール

某CMSのカスタマイズ版とオリジナル版のソースコードを比較するのに苦労していて、試しに使ってみたところ、フォルダ単位 でソースコードを比較(DIFF)出来るのはまぁ普通としても、並べて差異を色違いで表示できて、そのまま編集したり、エディタ指定で開いたり出来てかなり便利でした。

最も嬉しかったのは改行コード(CRLF、LF、CR)の違いを無視させる事が出来るところ。標準的なDIFFだと改行コードの違いも差異と認識するので、カスタマイズ版で使った環境(恐らくMac OSX)のエディタの改行コードが混ざっててゴミ掃除に途方もない時間を掛ける必要があって涙目だったのです。

改行コードの違いだけでも相違と診断されるので、あまりにも地味で報われない作業に諦めそうになっていたところ、WinMergeのおかげでかなり捗ってありがたいです。

ちなみにTortoiseSVNと連携もさせられるので、TortoiseSVNからバージョン差分表示を行うと、標準ビューアよりもずっと高機能なDIFFビューアとしてWinMergeで開くことが出来るようになりました。これは使わない手は無いですね。

こういうツールは本当にありがたいです。日本語ローカライズされているので文字化け無くきちんと読めるのでプログラミング用途以外にも使えそうです。

WinMerge

WinMerge 日本語版

Windowsシステムの復元ポイントを活用する~トラブル時に手間がかからず復旧出来る確率が高い

Windowsパソコンを使っていてトラブルに遭遇してしまい相談を受けることがあります。その様な場合に、私がまず確認するのは、そのトラブルが発生した原因と、何時からなのか?という2点です。

なぜかと言うと、Windows OSの場合、XP以降は「システムの復元」という方法でシステム的なバックアップを取る仕組みが実装されているからです。この方法を使うと直近の復元ポイントまでシステムの状態を戻す事で、PCのトラブルの原因となった事象を無かったことに出来る可能性があります。

言い換えると、Windowsのシステムを「過去の状態に戻す」機能を使います。

続きを読む

Windowsパソコンのネットワークポート使用状況を確認して競合トラブル対応(Windows)

以前、Windowsアプリケーションを実行した際のネットワークトラブルの原因として、「ウェルノウンポートの競合」というエントリーを記しましたが、ポートの競合の状態をもっとWindowsライクに調べる方法を思い出したので追加情報です。

使うのは「リソースモニター」の「ネットワーク」タブです。

リソースモニターのネットワークタブからリッスンポートを確認出来る。

リソースモニターのネットワークタブからリッスンポートを確認出来る。

続きを読む

IcoFXにウィルスが含まれている

先日のVisual Studio勉強会で、自作のWindowsアプリにアイコンを付ける際、IcoFXがお勧めだけど、少し前から有料アプリになったという事を教わった。とりあえず試してみないと購入するに値するアプリなのかどうかも分からないので試してみた。

いきなりインストール中にトロイの木馬が見つかった・・

トロイの木馬が含まれていた

トロイの木馬が含まれていた

そりゃないよーって感じだけど、AVG Free版がしっかりブロックしてくれているので助かった。パスをよく見ると「Yontoo」だと分かる。コイツは以前ブラウザに変な表示がされるようになった時に原因となっていたので、問題の有るアプリだとよく覚えている。「Yontoo」は少なくとも日本人にとってはメリットは何もないと思える。

さて肝心のIcoFXは30日間はお試しが出来るが、それ以上すぎると保存ができなくなるらしい。終了時にシリアル番号の入力を求めてくる。Iconの作業に特化しているアプリなので非常に使いやすいと感じる。もうちょっと使ってみてメリットがあるなら購入を考えても良いかなと感じている。

IcoFXの操作画面

IcoFXの操作画面

ダウンロードした場所が悪かったのかも知れませんが、ウィルスが含まれている可能性があるという情報をここに記したかった次第です。