本当に無料で使って良いんでしょうか?〜AutoCAD LT互換アプリ(DraftSight)

ダッソー・システムズ一時期はAutoDesk社のAutoCAD LTを良く使ったものです。朝から晩まで嫌になるほど使った時期もありました。大きなプロジェクトが入って、CADを使わないと図面の管理が出来ない状況になり、会社が費用を出してくれて数名で3日程受講しに行った記憶があります。同僚3名か4名でレッスンを受講しに行ったのですが、勤めていた会社が支払ってくれたレッスン費用は結構な額だったと思います。

その御蔭で、AutoCAD LTの基本的な操作は覚えられました。もちろん数日のレッスンなので覚えたのは概念的なもの、機能の説明とそのチュートリアル程度だったので、実業務でどういう手順で図面を描いて、どう修正するかは実践で鍛えていくしかありませんでした。実際、我流で覚えたという先輩の図面の描き方の方が断然効率が良かったりしました。もっともその先輩は学校でドラフターを使って図面を描く授業を受けたといってましたが。

また、後に分かるのですがプリントアウト(印刷)については説明がほとんど無かったので、会社の先輩から教わりました。ペーパー空間とモデル空間の概念についてはもちろん説明がありましたが、概念的なところに留まり、実務でプリントアウトの面倒臭さに躓くのはお約束でした。

そういう感じで、実践的な部分は会社の先輩からテクニックを盗み取ったりして自分流の図面の描き方を養ってきた訳ですが、図面と言ってもジャンルによって色々特徴があるので、図面を描く正しい手順ってのは無いとも言えます。この方が早く描ける、効率良く描ける、楽に描ける。でも俺はこうするのが楽だと思う。CADで描くコツなんてそんな感じでしょう。

AutoDeskのAutoCAD LTは色々なジャンルで使用されている2D(平面図)用のCADアプリケーションです。私の知る範囲では、建築業界でも2D図面はAutoCAD LTの標準フォーマット(dwg)形式か(dxf)形式ですし、電気施工のアルバイトに行った時もAutoCAD LTが標準だと聞きました。建築図面に照明器具の配置や配線ルートなどを描いていくのもAutoCAD LTでした。

追記
後に知りましたが、建設業界では.sxfや.p21という拡張子の形式が標準らしいです。また電気関係はJw_cad(フリーウェア)による.jwwも良く使われるそうです。Jw_cadは操作性がかなり特殊だと感じますが慣れると効率が良いのだとか。業種によってCADって色々バリエーションがあって標準が違うみたいですね。

という訳で、私が使い慣れているAutoCAD LTですが、泣き所は半端無く高価なところです。LT版でも個人で気楽に購入出来る金額ではありません。よってJw_cad等の無償で使用出来るCADを使っている人も結構いらっしゃる訳ですが、AutoCADに慣れた自分にとって、また新たな操作を覚えるのはかなりの苦痛です。

Jw_cadはこれはこれで便利な機能があるので描く図面によってはAutoCADとか不便すぎるって位に工夫されている部分も多々あります。

AutoCAD LT程の高機能は要らないけど、基本機能と操作性はAutoCAD LTに準拠している安価なCADアプリって無いのかな?そう思って調べてみたところ、3D CAD のCATIA、SolidWorksで有名なダッソー・システムズの「DraftSight」という2D CADアプリがなんと無償で利用させていただける事を知りました。実際使ってみたら操作性はかなりAutoCAD LTと共通していますので違和感はほとんどありません。

DWG ファイル用の無償CADソフトウエア*: DraftSight – ダッソー・システムズ

AutoCAD LTしか知らない人なら、そんな訳分からんメーカーの使って大丈夫か?って言う意見も出そうなのでフォローしておくと、3D CAD業界では、CATIAやSolidWorksは定番中の定番の設計ツールです。個人的にはCATIAはIBMのRS/6000+AIX環境で少しだけ触ったことがあります。要するにUNIXワークステーションで動くCADアプリですからプロ用ですね。もはや昔の話ですが恐ろしい位贅沢なグラフィックカードが実装されていて、グリグリ動く3D CADに圧倒された記憶があります。

しかし、CATIAは自動車の設計などに使用される3DCADで強度計算のシミュレートが出来るとか、高機能すぎて異次元です。これは独学では無理だとすぐに直感しましたけどね(苦笑

当然ながらそういうプロ向けのCADを開発しているノウハウはパブリックベータ版の「DraftSight」にも当然降りてきていると思われます。更に「DraftSight」はWindowsだけでなくMac、Linux版が使えます。ってことでデスクトップ環境をLinuxに完全移行出来ない理由の一つ、CADアプリの問題もほぼこれで解決しそうです。

言うなれば、AutoCADでさえ逆におもちゃに思える位の高性能なCAD製品を世に送り出しているCADメーカーの製品と言っても良いでしょう。そういうレベルのメーカーにとっては、AutoCAD LTのdwg形式が編集出来る位の事は大した問題じゃないのかも知れません。(dwgはAutodesk社のAutoCAD LT独自フォーマットらしいので互換機能という呼び方になるのでしょう)

私のPCは、ASUS P7P55D-Eというマザーボードに、CPUはCore i7-870sという第一世代のCore i7ですが、メモリーは16GB実装していて、Windows 7 64bit環境なので8スレッドのCPUが余裕の処理をしてくれます。このPC上でAutoCAD LTを動かした事が無いので正確な比較は出来ないのは重々承知ですが、「DraftSight」は実に軽快に動いてくれてびっくりするほど快適に図面を描くことができました。

比較用に、Core2Duoのノートに「DraftSight」をインストールしてみてどれくらい使えるか検証してみようかなと思っています。2コア対4コアxハイパースレッディングの比較は話にならない気もしますが、Core2Duoのノートでそこそこ使えるなら「DraftSight」はアリだと言えるでしょう。

もちろん、Linux環境でも使ってみたいので比較検証をやってみます。これでマジに使えるならわざわざ余計な機能がてんこ盛りでお高いAutoCAD LTなんて買わなくて良いなって思います。

Debian6 DreftSight

VMWare上で動かしているdebianでも問題なく使用できました。私はubuntu版をダウンロードしてインストールしました。ダッソー凄すぎる!ここで検証してみて使えそうだったら、debianで使っているノートPCにインストールしようと思います。

関連リンク

コメントを残す