EC-CUBE 2.4系のカスタマイズ

eccube-logoEC-CUBE2.4系をカスタマイズして使用している知人から相談を受けて、送料の扱いをEC-CUBE標準では対応出来ないパターンに対応させました。

ヒントとなるカスタマイズポイントは、EC-CUBEの公式カスタマイズ本(青本)に書いてあったので、その部分を修正することと、後は実現したい内容を整理すると、極々単純な計算式に修正するだけで行けるという事がわかったので、実際のカスタマイズはEC-CUBEの構成ファイル3つを少し修正するのと、データベースに一つレコードを追加するだけでOKでした。これらの検証はWindows上にインストールしたPostgreSQL+Apache/PHP+phpPgAdminの環境で簡単に行えました。簡単な検証ならXAMPPでも良いかも知れませんね。

続きを読む

Windows7環境でPostgreSQL

PostgreSQLは今までずっとLinuxサーバー上に構築してきたので、Windows版を使った経験が無くて敬遠していた所があったのですが、EC-CUBEのテストをやりたいのでPostgreSQLをローカル環境で使いたくて試してみたところ簡単に構築出来てしまいました。

pgAdmin-IIIPostgreSQLのWindows版をインストールするのは、コレといってどうという話でも無いのですが、インストーラに「スタックビルダ」というものが付属されていて、試しにオプションを確認してみたところ、Apache/PHPという項目と、phpPgAdminという項目があるではないですか。選択するとネット経由で当該インストーラをDLしてくる仕組みらしいですが、PostgreSQLをインストールしたPATHを案内してやるだけで後はお気軽インストール。

続きを読む

EC-CUBEカスタマイズ

プログラミングは本業ではないのですが、EC-CUBEのカスタマイズの依頼が軽く来ているので、今後の事も考えて正統派なやり方を学んでおこうと、書籍に従って環境づくりから開始です。

この本で紹介されている、Pleiades All in One PHPという、EclipseにPHP開発に必要なプラグインが適用済みなWindowsプラットフォーム向けのオールインパッケージを使います。Apache、MySQLなども含まれているのでローカル(Windows上)でEC-CUBEを稼働させながらカスタマイズ作業が行えます。

さて、まずは書籍の通りに手順をさらってから、とっとと本来の目的に突入したいであります。環境の構築から、カスタマイズ例、サーバーへの導入方法などひと通り解説してくれています。もちろん内容的にPHPの詳しい解説なんてのは省かれていますから、PHPやSmartyについての理解は別途頑張るしかありませんね。

余談ながらPHPについての基礎知識と応用知識は、ドットインストールで無料動画を見ながら手軽に学習出来ます。大枚はたかずとも学習できるなんて・・・私がプログラミングを始めた時はとりあえずコンパイラやら書籍やらで環境揃えるのに最低10万円は必要でしたからね・・良い時代になりました。

Google+ページも作成しました

少し前にGoogle+のビジネス向けページがリリースされたのは知っていたので、そろそろ作っておこうかなと(やっておかないとわかりませんからね)、特にリサーチもせずにやってみました。ぶっちゃけすごく簡単にできちゃいました。

ビジネス向けのページの場合、PINコードという照合の手間をGoogleが行なってくれているらしく、郵送で登録した住所にPINコードを送ってくれます。このPINコードが届いたらページに入力して照合完了。少なくとも住所と名前は嘘ではないということになりますね。(ごまかし方は色々あるんでしょうけどね)

それと、Webサイトのトップに、Google+ページで発行されるタグを埋め込んで相互リンク確認を行うと、ダイレクトコネクトという機能が使える様になるようですが、日本のGoogleではまだサービスが開始されていないので、先行して設定という事になります。

いずれにしましても、検索エンジンとしてはやはりトップクラスなGoogleだけに、Google+ページは作っておこうと思った次第です。難しいことは特に無いのであんまりネタになりませんが・・

ビジネスサイト運営に必要な経費

最近では中小企業、SOHO規模の個人事業主でもいわゆるホームページ(コーポレートサイト)を持っていることが増えてきました。名刺代わり程度の内容しか掲載していない中小企業のサイトも結構見かけます。しかしながら、増えてきたと言っても現状はごく一部の、興味を持っていたり、ネットを活用しようという意図を持ってビジネスに取り組んでいる方たちに過ぎません。

まだまだ普及しない企業サイトですが、その障害となるものの最たるものは、どうやったら良いか分からない、のと、経費がかかる。この2点でしょう。

続きを読む