EC-CUBE 2.4系のカスタマイズ

eccube-logoEC-CUBE2.4系をカスタマイズして使用している知人から相談を受けて、送料の扱いをEC-CUBE標準では対応出来ないパターンに対応させました。

ヒントとなるカスタマイズポイントは、EC-CUBEの公式カスタマイズ本(青本)に書いてあったので、その部分を修正することと、後は実現したい内容を整理すると、極々単純な計算式に修正するだけで行けるという事がわかったので、実際のカスタマイズはEC-CUBEの構成ファイル3つを少し修正するのと、データベースに一つレコードを追加するだけでOKでした。これらの検証はWindows上にインストールしたPostgreSQL+Apache/PHP+phpPgAdminの環境で簡単に行えました。簡単な検証ならXAMPPでも良いかも知れませんね。

EC-CUBE規模のCMSになると、PHPの構成ファイルの関連性も結構ややこしくて、独自機能を実装するとなると新たなClassを定義したりしなくてはならないので、PHP言語の中級クラス以上のプログラマーでなければ対応するのが難しいです。しかし今回の要件に関してはクラスを作ったりする必要もなく、ユーザーの使いやすさ重視で考えたところ、条件毎の送料の計算部分をちょいと修正して、パラメータ項目を増やしてあげるだけで済んだのでテスト環境での検証は簡単でした。

なにより、たったこれだけの修正でも、使う人にとってはシステム任せで注文を受けることが出来るので、お手伝いが出来て良かったなと思っています。(今までは例外送料を適用するお客さんには送料修正のメールや電話が発生していたそうです)

なお、今回のカスタマイズにおいては、素のEC-CUBEをダウンロードしてきて、カスタマイズしようと考えているファイルの差異を比較ツールでチェックしてから慎重に行いました。幸い全くカスタマイズされていないファイルでしたし、いじっても影響のない部分だと分かったので結構気楽でした。ソースコードの比較には、「WinMerge」がオススメです。

しかし、もはやEC-CUBE 2.4系は旧いですから、青本も中古でしか入手出来ないんですね。

関連リンク

EC-CUBE 2.4系のカスタマイズ” への1件のコメント

  1. ピンバック: EC-CUBE NEWS | EC-CUBEに関するニュースやブログの最新情報をお届けします

コメントを残す