New Relicを使ってみる

インフラ系エンジニアとして食っている立場上、押さえておくべきだろうなと思ったので実際に自分の管理サーバーでパフォーマンス監視ツールを使ってみる事にしました。

ちょっと調べれば分かる事なので記しちゃいますが、当サイトは現時点VPS上のLinuxサーバーで稼働させています。普通にこうやって記事をPOSTしたり、実験的なWebサービスを公開したりする分には特に不自由もなく、レスポンスも許容範囲内に収まっていると感じているのですが、実際の数値を見てみたくなった為です。

色々有ると思いますが、サーバーパフォーマンス監視サービスとして定評のある「New Relic」の無料版を使ってみる事にしました。無料版の範囲でも充分参考になるデータが取れます。

New Relic対応OS

New Relic対応OS

上図の画面キャプチャの通り、Linux(deb系、rpm系、その他)と、Windows 2003 / 2008 Serverに対応しています。インストールはオフィシャルの手順に従って行いましたが、さほど難しくありませんでした。ネット上に日本語のインストール手順が無いのは、まぁそういうもんだなって感じです。(公式の手順は簡単な英語だし、特殊なインストール手順では無いので頑張りましょう)

当サイトでは、Web系は主にPHPとMySQLを使っているので、PHPしか監視していません。Pythonは今後積極的に使っていきたいと思っていますが現時点は計測する程の事も無いのでパスです。Rubyは個人的にはあんまり好きじゃないので後回しです。

現時点、このサービスの対象プラットフォームは下記の通り。

  • Ruby
  • PHP
  • .Net
  • Java
  • Python
  • iOS
  • Android Apps

これだけ対応していますので、ほとんどのサーバーアプリケーションの処理速度とか、ページ毎の処理の遅さとかを追跡するには充分ではないかと思われます。レスポンスが遅いページはソースコードを要見直しですね。

Raspbian wheezy 2013-02-09リリース

Raspberry Pi用の一番スタンダードなOS、Raspbian “wheezy”の最新版、2013-02-09がリリースされました。

Downloads | Raspberry Pi

既に使用している人は、apt-get update、apt-get upgradeでパッケージ更新、最新バージョンへはapt-get dist-upgradeで移行出来ます。どうやらQTとGNOME関係が大きな違いの様です。

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get update
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get upgrade
pi@raspberrypi ~ $ uname -a
Linux raspberrypi 3.6.11+ #371 PREEMPT Thu Feb 7 16:31:35 GMT 2013 armv6l GNU/Linux
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get dist-upgrade
The following packages will be upgraded:
gnome-themes-standard libqt4-dbus libqt4-network libqt4-svg libqt4-xml libqtcore4 libqtgui4 qdbus
8 upgraded, 3 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
pi@raspberrypi ~ $ uname -a
Linux raspberrypi 3.6.11+ #371 PREEMPT Thu Feb 7 16:31:35 GMT 2013 armv6l GNU/Linux

RaspberryPiRaspberry Piの魅力は、非常に安価でコンパクトな省電力PCが手に入ることです。スペック的にもアーキテクチャ的にも制限はありますが、メリットを考えるとそれらの制限は努力でなんとかする価値が充分にあると思います。そして嬉しい事にdebianベースのRaspbianというLinuxディストリビューションがRaspberry Pi専用に開発されているので、ユーザーとしてはこれをありがたく利用させていただくことによって非常に少ない労力でメリットを享受出来るのです。

続きを読む

OSC 2012 Kansai@Kyoto

オープンソースカンファレンス2012

オープンソースカンファレンス2012

オープンソースカンファレンスが、2012/08/03~2012/08/04の日程で、京都で開催されます。
知人を誘って参加しようと思ったのですが、体調を崩しているとのことで知人とは行けなくなりました。一人で行こうかとも思ったのですが、せっかくなのでかみさんを連れて参加予定です。

かみさんはこういう業界には全く触れて来なかったらしいので、もしかしたらこれを機会に触発されて、隠れていた才能が開花するかもしれません(w

それは冗談として、協賛も参加グループも結構揃っているのでどんなものが見られるか非常に楽しみです。こういうイベントを運営している人の側をイメージしても楽しそうですね。

かみさんにはとりあえず、LibreOffice、Ubuntu、なでしこ(プログラミング言語)辺りをチェックさせようかなと思っていますが、私が可能性を狭めても仕方ないので、細かく指示せずに自由にさせておこうと思っています。人脈を広げられるチャンスでもありますし。

私はAndroid、Python(プログラミング言語)、BSD、Debian辺りはしっかり見てこようと思っていますが、最近はRaspberry Piにも興味を持っているので(発注済みだがまだ届かない)、組み込み系やマイクロボードの情報も収集できたら嬉しいなと思っています。

若干交通手段が不便なので行き帰りで時間を食ってしまうのが惜しいですが、こういうイベントに参加出来るのは恵まれているし楽しみですね。

Vinelinux 6.1RC2

過去に自宅でWeb サーバー用途にVinelinux を使っていました。
Linux はRedhatで始めたので、RPMとaptでパッケージ管理が出来るVinelinux が重宝したものです。

最小構成に必要なパッケージのみ追加して、シンプルな構成にしていました。それをWindowsパソコンからSSHでリモート操作する訳です。コマンド操作に慣れると非常に快適でした。実際にLinuxサーバー運営をすると、些細なトラブルに遭遇したりして、ジワジワとスキルアップ出来るものです。Web,SQL,DNS,Mail,FTP,WebDAV,Tomcatなどなど、色々なサーバーを稼働させて理解を深めていったものです。

続きを読む