Windows 8 Professionalへのアップグレードライン

今日のPOSTは、コンシューマ寄りの話になります。期限付きのMicrosoft社からの優待制度なのでまだ少し余裕のある内に記しておきます。ネット上にも既に沢山情報はあると思います。

先日、「VistaモデルのPCをお使いの方への朗報Vistaユーザーにも光明の光が・・」というエントリーを記しました。Microsoft社がWindowsユーザーを確保する為の方法として、過去のリリースからすると例外的な優待制度を実施しました。なのに意外と知られていないのが実情なのでもう少し突っ込んだ内容を再度POSTしてみます。

この優待制度には、WindowsXP、Vista、7、及び8、8RPユーザーが対象とされています。先日はVistaユーザーへの朗報として私がPOSTした為、Vistaユーザー以外の方へは、この制度が魅力的に映らなかった可能性があると気づいた次第です。

改めて整理しなおしますと、現行Microsoft社がサポートを継続しているWindows OSについては、全てWindows 8 Professionalへのアップグレードラインが用意されているという事になります。手続きの期限は2013年1月31日までですが、かかる費用は最安で3,300円(場合によっては1,200円)です。過去のMicrosoft社が販売したWindows OSとしては破格です。

ここで面白いのは、無料で配布されたWindows 8 RP(Release Preview等の評価版、Windows 8 CP(Consumer Preview)、Windows 8 DP(Developer Preview)からのアップグレードも含まれている点です。元々これらは正式リリース前に評価版としてMicrosoft社が無料で配布していたものですが、3,300円支払えばそれを正式なWindows 8 Professionalへアップグレード可能という優待制度です。

ここで、「しまった!RP版をダウンロードしておけば良かった・・」という事を思う方もいらっしゃると思います。ご安心下さい。実は現在もRP版はダウンロードが可能です。Windows 8 RP のプロダクトキーは下記のとおりです。
TK8TP-9JN6P-7X7WW-RFFTV-B7QPF

あとはISOファイルを手に入れてDVD-Rに焼き付けるだけでインストールメディアとプロダクトキーが準備出来ます。

  • Windows 8 RP 64bit(x64)ダウンロード(3.3 GB)
  • Windows 8 RP 32bit(x86)ダウンロード(2.5 GB)

あとは、2013年1月31日までという期間限定ですが、Windows 8 RPを足がかりとして、3.300円の支払いで正式にWindows 8 Professionalへアップグレード出来ます。仮想環境での利用や、手持ちのPCが余ってるという場合にもこの方法ならDSP版を購入するよりも断然安く済みますね。私もVMWare ESXiの仮想環境で稼働させる為にひとつゲットしました。

私の文章でわかりづらいならネットを検索してみて自分にとって分かりやすい記事を選んで読んでみて下さい。Windows 8に興味を持っている(使ってみたい)けど、なるだけお金を掛けたくないんだよなぁ~という方への参考になれば幸いです。

PS
2013/01/27 RP版へのリンクが切れちゃいました。Microsoftがとうとう消しちゃったみたいですね。

Vistaユーザーにも光明の光が・・

先日、DEMO用のノートPCを手に入れました。

FUJITSU FMV-BIBLO S/D50 (FMVSD50W)と (FMVSD5PN)の2台(色違い)です。

ミルクホワイトの方はHDDなし、液晶ディスプレイの下部の表示が乱れて横線が沢山走っている状態。分解調査した結果、液晶ディスプレイのフラットケーブルに不具合があるらしく、ミリ単位以下の密度の修正は手持ちの機材では無理と判断しました。外付けディスプレイでセットアップし、液晶ディスプレイは別途調達(パーツ代一万円程度)予定です。

ピンクの方はリカバリー領域付のHDDも、Office Personal 2007も付属しているので、Office用途にカスタマイズするには最適な状態で手に入れました。こちらはちょっと多めにお金がかかりました。

さて、本題です。上記はWindows Vistaモデルなのですが、Vistaはそれ単体で非常にリソース食いで、かつ動作が緩慢なOSです。かなりのハイスペックなマシンで動かしてももっさりした動きで、個人的にはずっと避けて通ってきました。検証して使えないと判断して用途に応じてXPを使ったり、7を使ったりして来ました。少しPCの知識のある人なら検証は容易に行えるので、疑問のある方はご自身で検証されるとよいでしょう。

そういう訳でこのFMV-BIBLO S/D50もWindows Vistaで使うには苦しすぎます。とはいうもののハードウェアスペックは、Core2Duo、P8700 2.53GHz Memory4GBと、ビジネス用途としては必要にして十分です。Vistaとは違うOSをあてがってやることで本来の性能が発揮できるという予測のもとに、Microsoft BizSparkライセンスで検証をしてみることにしました。

Windows 7 Home Premium 32bitと、Windows 8 32bitをインストールしてデュアルブートできるようにしています。(再起動が必要ですが1台のノートPCで7と8どちらでも起動できます。)

続きを読む

Windows環境をなるだけスッキリと維持したい

先日、ThinkPadにWindows 7 Starterをインストールしたら、XPよりも断然軽快に動作することを記したばかりだが、どうしても困ることが生じた。ずばりInternet Expror 9の不出来(正常に動かないサイトが多い)の問題だ。

私が遭遇した不具合は、Javascript関係の不具合ばかりで、クリックしてもウィンドウが前面に出てこないサイトが多い。デモ用と割り切ってもこういう基本的な動作の不具合はさすがに厳しい。

かと言って、Firefox等のブラウザをインストールすると、触ってほしくないOSの領域(レジストリなど)に環境ファイルを保存したりするので余計なものはインストールしたくない。

そこで採用した方法は、いわゆるポータブルアプリケーションというやつだ。USBメモリーなどにインストールしておいて、必要な時だけUSBメモリースティックを挿入して使用する。もちろんUSBメモリーはなくても任意のディレクトリに保存しておけば理屈は同じだ。日本語ローカライズ済のものを使うことにした。

続きを読む

Vinelinux 6.1RC2

過去に自宅でWeb サーバー用途にVinelinux を使っていました。
Linux はRedhatで始めたので、RPMとaptでパッケージ管理が出来るVinelinux が重宝したものです。

最小構成に必要なパッケージのみ追加して、シンプルな構成にしていました。それをWindowsパソコンからSSHでリモート操作する訳です。コマンド操作に慣れると非常に快適でした。実際にLinuxサーバー運営をすると、些細なトラブルに遭遇したりして、ジワジワとスキルアップ出来るものです。Web,SQL,DNS,Mail,FTP,WebDAV,Tomcatなどなど、色々なサーバーを稼働させて理解を深めていったものです。

続きを読む