独自ドメインで無料のオリジナルアドレスを使う~年間千円程で自分専用のメールを持てる

先日、GoogleAppsの無料サービスがアカウント発行を停止したという内容で、過去エントリーを編集しました。よってGoogleAppsを使った格安メールサーバー構築という手法は通用しなくなった訳ですが、MicrosoftのHotmail(Outlook.com)を使うという方法を教えてもらいました。

イメージを簡単にお伝えすると、Microsoft社が提供している無料メール「Hotmail」を独自ドメインで使用するプランです。最大500アカウントまでメールアドレスを作成出来ますので、独自ドメインのメールが欲しいというシンプルなニーズには大抵対応出来ると思います。

今わかっているデメリットは、Hotmailサーバーを使う時点で、メーラーのプロトコルとしてPOPもしくはDeltaSynchしか扱えません。Windowsパソコンを使用しているユーザーさんなら、Windows Live Mailを使用すればDeltaSynchに対応しているので問題ありません。POPが使えれば充分だという発想もありますが、IMAPが使えないと困るというニーズには答えられません。これがこのサービスの弱点です。なぜMicrosoft社は普通にIMAPを採用しなかったんでしょうね。HotmailDAVが廃止になった当時を思い出します。

さて、このデメリットを問題としないのであれば、格安で独自ドメインのメールを使用出来るのでGoogleAppsの無料提供無き今となっては有力な選択肢となります。設定はGoogleAppsよりも少なくなっているので、分かる人には容易になったと感じますが、そうでない方にはヘルプの質が良くない分難しくなったと感じるかも知れません。

ちなみに、私自身がValue-Domainでカード決済でドメインを一つ取得するところから始めて、Outlook.comの設定、Value-DomainのDNS設定、PCのメーラーを設定して送受信確認を終えるまでに、トータル2時間弱でした。レジストラ側のドメイン活性化、DNSレコード反映待ち時間含めてなのでタイミングによっては待ち時間が余計にかかるかも知れませんが、この作業に際しての手順と、やらなければならない内容さえ分かってれば、実質は1時間程度の作業になります。

この情報についてはこちらが参考になるでしょう。自身で出来るのでしたら格安で独自ドメインのメールアドレスを500個まで持つことが出来るようになります。
Google Appsで有料化した独自ドメインメールを無料で使うにはOutlook.comがいい : ライフハッカー[日本版]

S-Factoryとしましては、GoogleAppsの無料サービスが利用できなくなった代わりに、Outlook.comのHotmailサーバーを無料利用させていただく方法を小規模ユーザー様にご提案する方向に切り替える事にしました。小規模組織で独自ドメインのメールが必要だというニーズがあれば、注意点などをヒアリングさせて頂きますので是非ご相談下さい。

独自ドメインのメールを使いたい要件 | S-Factory

 

お問い合わせ

Microsoft Visual Studio .NET

VS 2010 C#で勉強を初めて、MSDNのチュートリアルをジワジワ進めている状況です。

よさそうな本をヤフオクで見つけて、Amazonの評判も良かったので格安ゲットしました。今日届いたところです。パラパラと中を見たところ、妙にVSのデザインが古い。得も知れぬ不安というか違和感がこみ上げてくる。

Microsoft Visual Studio|Wikipedia

調べてみたところ、入手した書籍は、Visual Studio .NET 2002というバージョン向けに書かれた本だと分かりました。VSに慣れている人ならなんら問題ないと思います。私の環境にはVS 2010 Professionalがインストールされているので、上位互換で古いバージョンのVS向けの内容でも動くらしいのです。

問題は、私がまだVSの操作に慣れていないことです。入手した書籍のメリットは挿絵を使って分かりやすく各種コントロールの使い方を解説してくれている点。VSのバージョンが上がるとコントロールも増えているし、所在も変更されていたりして見つけられません。これは困ったことなのです。

続きを読む

EISA構成のパーティションを覗く

FUJITSU FMVのリカバリーディスクを作っていて、DVD-Rへの書き込みがスムーズに行かないので余計なことを考えちゃいました。まぁそれは無駄にはならないので備忘録。

HDDにリカバリー領域が隠されている訳ですが、コンピュータの管理からディスクの管理にアクセスすると、EISA構成という名称で隠しパーティションの状態が観られます。ただしここからは何も出来ません。

EISA構成

そこで出番となるのが、「Partition Type Changer」です。
こちらで配布して下さっているのでDLして使わせて頂きます。

ptchgで調べてみた状態です。まさしくEISA構成になってますね。

ptchg

Typeを07に変更して、Windowsを再起動すると、不可視パーティションがGドライブとHドライブとして見られるようになりました。

EISA_visible

後は、無茶しない程度に中身をチェックするなり、必要なファイルをCOPYするなりしてから、また元に戻してWindowsを再起動すれば良いでしょう。くれぐれも中身は書き換えないようにしましょう。

備忘録
ptchg020

光学メディアへの書き込み失敗の無駄を無くす〜仮想光学ドライブ(Phantom Burner)

FUJITSU FMV BIBLO S/D50ノートPCのメンテナンスを行なっています。この機種はWindows Vistaモデルですが、リカバリーディスクが付属していません。HDDからリカバリー出来る仕組みになっているのですが、HDDがクラッシュしたPCの修復を行なっているのでリカバリーは不可能です。とどめにHDDは認識されないのでリカバリー領域にもアクセス不可能です。

FUJITSUは一応リカバリーディスクを作成する方法をユーザーに用意してくれています。DVD-Rメディアを5枚用意すれば、リカバリーディスクを作成することが出来るのです。しかしリカバリーディスクを作成していない状態でHDDがクラッシュした訳ですからどうしようもありません。

PCを買ったらすぐにリカバリーディスクを作っておきましょう!

続きを読む

Visual Studio C#でプログラミング学習しませんか?

色々と考えた結果、今後どうしてもプログラミングスキルを身に着けておきたいと言う事を最近強く考えています。先に記した通り、私はプログラミングには何度も挫折していますが、どうも難しく考えすぎるきらいがあり、それが災いしているものとようやく気づいた次第です。

Visual Studio 2010 C#の環境と、ネット上で見つけたチュートリアルをやってみて、ようやく今時のプログラミング手法と考え方が理解できつつあります。プログラミングが少しずつ楽しいものだと再認識しつつあります。トラウマの克服までまだ時間はかかりそうですが楽しみながら頑張ります。

つとめて、難しく考え過ぎないように注意はしています(笑

今後はなるだけサンプルを実践してみて、それをまた改造して機能を増やしてみたりする等、遊び心を思い出して、若かりし頃にあれこれ触ってみるのが楽しくて仕方なかった・・と言う感覚で学習できたらと思っています。きっとほとんどの方がそういう気持ちでプログラミングを学習しようと考えていることと思います。

その為には、20年前とは違う今時のツールを使わない手はありません。つまりネットワークで情報共有をするという手を使わないのはもったいないだろうという事です。今更言うまでもありませんが、地域も時間も年齢もネットなら関係ありませんね。

さて検討した結果、その方法としてサイボウズLiveのグループ機能を使うことにしました。サイボウズLiveはTwitterアカウント、Facebookアカウントで連携できます。いずれも使っていない方はメールアドレスが一つあれば無料で利用出来ます。フリーメールでもOKです。

この件については、プライベートでの取り組みとしますので、お気軽にコンタクトしていただければと思います。私のプライベートブログの方で募集しています。お待ちしています。

参考
サイボウズLive用プロフィール