MozBackupでトラブルに備える~Mozilla Thunderbird と Firefoxのバックアップ

FirefoxとThunderbirdを使い続けてもう何年にもなりますが、日常使っているWindows環境は安定しているので入れ替え等は縁が有りませんでした。しかし仕事の関係(所謂WindowsXP問題)でFirefoxとThunderbirdの環境を新しいPCに移行させる必要に迫られました。

便利なものを発見しました。mozbackupなるツールです。Mozillaのアプリケーション専用のバックアップを行うツール。Mozilla純正ではありませんが公式サイトで見つけましたので、信頼性は高そうです。

MozBackup – Backup tool for Firefox and Thunderbird

Windowsアプリですから、例に漏れずGUIで操作が出来て誰でも簡単に行えると思います。特筆すべき点は、メールデータ(アーカイブ)と一緒に、アドレス帳やアカウント等も含めて全てをごっそりとバックアップし、移行先ではバックアップから復元出来るのでほとんど手間がかかりません。

メールの移行作業をやっていて嫌気がさすのは、Microsoft純正であるWindows Live Mail等の統率が取れていない事です。メールデータ、アドレス帳、アカウント、署名等のバックアップを手作業で行わなくてはなりません。特に煩わしいのはアドレス帳をグループ登録していた場合グループ情報が欠落してしまう点です。移行先でいちいちグループ登録をやり直さなくてはならないのは無駄以外の何者でもないと思います。

その点、mozbackupを使ったMozilla Thunderbirdの移行は実に楽ちんでした。本当にこれでいいの?って位あっさり終わったので拍子抜けです。もちろん動作確認は行いましたが問題なしでした。

MozBackup-1.5.2_beta1-JPN

実に素晴らしい!ちゃんと日本語版もあります。
Japanese Installer – MozBackup JT

そこで更に欲が出てきました。
mozbackupをバッチ処理出来ないものかなと。つまりタスクスケジューラに登録しておいて毎日とか毎週とかのスパンで定期的に自動実行してバック アップを取らせる訳です。少し調べてみた所、MozBackup 1.4.8 Alpha 以降はプロファイルを指定してコマンドプロンプトから処理させることが出来る様になっているとのことです。

MozBackup Guide: Automatic Backup section – MozBackup JT

MozBackupがインストールされているフォルダに「Default.mozprofile」というファイルがあります。これを別名でコピー保存してテキストエディタ(メモ帳など)で編集します。中身はこんなふうになっていました。

これを任意に書き換えます。

こんな感じで良いのではないでしょうか?

これをコマンドプロンプトから実行すれば、自動処理で行ってくれます。いちいち「次へ」とかクリックしなくて良い訳です。

定期的に実行させたければタスクスケジューラに登録すれば容易に自動処理が出来ます。

MozBackup-Run

但し、対象となるFirefoxやThunderbirdが実行中だとMozBackupは処理を中断してしまいますので、確実にMozillaアプリケーションを終了させておかなくてはなりません。

運用面ではこれだけ注意するだけで手を抜いてもトラブルに対する備えが可能です。工夫すればThunderbirdやFirefoxのプロセスが起動していない事を確認した上で実行させることも可能かも知れません。私はWin系のBAT処理は得意では無いのでこの辺りはBATファイルをダブルクリックするので十分かなと思っています。

関連リンク

コメントを残す