YouTube動画をサイトに埋め込むテスト

YouTube動画をこのページに埋め込むテスト

一番簡単な方法はYouTubeから動画の「埋め込みコード」を取得して、HTMLソースに追記する方法。HTML編集が出来る人なら手軽に出来る方法です。慣れている人ならマウス操作だけでも実現可能な位に簡単です。
もちろん動画データはYouTubeのサーバーにありますので、自分のHPやブログに動画をアップロードしなくても構いません。お気に入り動画をどんどんブログに貼って行くのもこの方法だとお手軽です。

この動画は今朝のニュースで知りました。本当にとんでもない事故が起きてしまいました。
事故に遭われた方へのお悔やみ、怪我された方や関係者の安全を願っております。

ポップアップして動画だけ表示させる方法

YouTube動画だけを画面に表示させたい場合は、JavaScriptのお世話になる事になります。現在の所、動画を再生するプレーヤーはFlashで作成されたものを使う手法が主流です。

YouTube動画をポップアップ

JavaScriptなんて分からないという人の為に、便利な機能を集約したjQueryを使う方法も広く紹介されています。JavaScriptによるプログラミングは抜きにして、「使い方を覚えるだけ」でビジュアル的にも優れた機能が手にはいります。

Googleが準備してくれている埋め込みの手法よりは敷居が高くなりますが、プレーヤーが前面に出てくると動画に集中出来るので埋め込みよりも観る人に親切かも知れません。

当サイトはWordPressを使っているので、ポップアップの仕組みはプラグインで楽ちん実装でした。
画像やYouTube等の動画をポップアップで表示させるWordPressプラグイン | WPナビ

CMSを使っていない(従来のホームページスペースを使っている)ユーザーさんは、jQuery(JavaScript)の基礎とHTMLの基礎は避けて通れないですね。でもJavaScriptを一から覚えるという途方も無い事から考えると道は出来ている(作ってくれている)ので、人が通った道を通るだけの努力で済みます。良いドキュメントがあれば本当に「使い方」を覚えるだけで済みます。

かつてPerl CGIでインタラクティブなコンテンツ(カウンターとか掲示板とか)を設置するのが流行した様に、現在はjQueryでコンテンツをカッコ良く見せる仕組みを競う時代ですね。CGIの頃も作った方が記した説明を読み、使い方を理解するのに苦戦したのを思い出します。あの頃から技術は進歩したけど、実はあまり変わって無い様に思います。

ポップアップで見せる方法について参考にさせて頂いたサイト

コメントを残す