ウェルノウンポートの競合

WindowsというOSは手軽に色々なアプリをインストール出来て便利ですが、これだけネットワークが当たり前になってくると、ウェルノウンポートの競合が起きてしまい、意識していないとコンフリクトのメッセージに戸惑ってしまうことがあります。

まずウェルノウンポートについてですが、代表的なものはHTTP:80番、HTTPS:443番、てなところでしょうか。リンク先が非常に分かりやすいので参照して下さい。

私はなぜ、80番と443番を例として上げたかと言うと、個人的に良く起こると感じているコンフリクトの番号だからです。

標準でポート80を使用するアプリ

  • IIS
  • Skype
  • XAMPP(Apache)
  • AN HTTPD
  • Tomcat(8080番であれば大丈夫)

標準でポート443を使用するアプリ

  • VMWare Workstation
  • VisualSVN Server

競合が起こっているかどうかを調べるのは比較的容易です。
Windowsの場合はコマンドプロンプトと、タスクマネージャーを使います。

C:\>netstat -ano
アクティブな接続
プロトコル  ローカル アドレス          外部アドレス        状態           PID
TCP    0.0.0.0:135            0.0.0.0:0              LISTENING       1296
TCP    0.0.0.0:443            0.0.0.0:0              LISTENING       3640

上記より、ポート443を使っているのは、PID(プロセスID)が3640だと分かります。
PIDが判明したらタスクマネージャーで該当するPIDを持つプロセスを調べます。
下図の例では、VMware Workstation Serverというサービスが原因だと判明しました。

タスクマネージャー

要するに、標準的なHTTPS(443)というプロトコルを奪い合いになっている為に起こった競合です。同じポートを同時に使用することは出来ないので、どちらかのアプリでポート番号を変更してやらなくてはなりません。

同様にSkypeが標準インストールで80番と443番を使ったりしてくれるので、少し開発寄りの事をやろうとした時に、ポートの競合で戸惑ったらSkypeが原因だったという事は多いです。理屈を知っていれば回避させることが出来るので大した問題ではありません。

Skype Port80

今回は私は、VisualSVN ServerというWebDAVサーバーのインストール時に、443番がVMware Workstation Serverに使われているという事で、インストール途中に競合問題に引っかかりました。仮想マシンの共有機能は使ってないので、VMware Workstation Serverの設定を変更して対処しました。

VMware共有

追記:2013年3月30日
ポートの使用状況とアプリをを簡単にチェックできる方法を追記したのでリンクを記しておきます。
ポート使用状況の確認(Windows) | S-Factory

関連リンク

ウェルノウンポートの競合” への1件のコメント

  1. ピンバック: ポート使用状況の確認(Windows) | S-Factory

コメントは受け付けていません。