Paypal Hereにみる金への群がりと想定されるリスク

PayPalHere

Paypal Hereのカードリーダーを装着してカードを読ませている

ソフトバンクが米国の電子決済大手のPaypalと手を組み「PayPal Japan」を設立するという発表があったのが2012年5月9日。スマートフォン(当初はiPad/iPhoneのみ対応)のイヤホンジャックにカードリーダーアダプターを取り付けて、クレジットカードを読み取る方式の格安デバイスで普及させるという「Paypal Here」というサービスを発表した。

その後10ヶ月である程度目処が立ったのか、一部のAndroidデバイスにも対応させており、いよいよ本格的に普及させると息巻いている様だ。リンク先を読めば分かる事だが敢えて記すと、ターゲットはクレジットカード決済を導入していない小規模店舗・事業所らしい。格安のカードリーダーと無料のスマートフォンアプリを使うことで、初期導入費用を非常に低く抑えることが出来るのが最大のセールスポイント。

言い換えると、既存のクレジットカード決済会社にしてみれば、クレジットカード決済専用の機器に設備投資させるところでも利益を得ていた分、それが否定されたも同然なので大打撃である。恐らくトラブル時の保守(メンテナンス)も有償で行なっていただろう。

楽天スマートペイ

楽天スマートペイをスマートフォンに装着した状態

更に補足すると、決済専用の機器を格安で販売してしまい、設備面で利益は得られなくても、決済手数料5%で利益が出せるという裏が取れる。つまり既存のクレジットカード決済会社は、今までにかなりの利益を得ていたと言えるだろう。ま、コレはコレで問題点もあるが今回のPOSTはその話ではない。

そういう隙間に入り込んでくるのが得意なのは、Softbank、楽天である。楽天もちゃっかり「楽天スマートペイ」というサービスを開始している。この2人は金の匂いを嗅ぎつける能力は凄まじいものだなと、少しは見習わなくてはならないと反省している次第である(w

続きを読む

少しずつプログラミング学習

20代にMacintoshでプログラミングを学習する為、大枚はたいてC++のコンパイラと書籍も買って毎日わけも分からず勉強したのですが、結局当時は、Macintoshというややこしい環境での学習、そして情報の少なさ、周囲にプログラミングスキルを持った人が居ない等から、どんどん独学の意欲も疲弊していき、トラウマだけが残った苦い記憶があります。

つい最近まで、私はそのトラウマを克服できず、プログラミングと呼べるまでのスキルは身に付けることが出来ず、ちょっと既存のスクリプトを改造してみたり、部分的に取り出して応用してみたりという程度までしか出来ませんでした。

しかし、フリーランスとしてIT系のジャンルで食っていく関係上、プログラミングスキルの重要度は高いと判断し、このトラウマを克服すべく、昨年末から地道に独学に取り組んできました。大きなきっかけは、MIT App Inventorを使ってAndroidアプリを視覚的な開発環境で作ってみた経験です。もしかしたら出来るかも知れないなと感じました。

そしてそれを本当に実感したのは、Visual Studioという、Microsoft社の統合開発環境(IDE)を使ってサンプルを作ってみたら、9割方理解出来た時でした。アプリの見た目、ボタンやテキストボックスの配置は、Windowsアプリならではのマウス操作で行えますので、MS-AccessやFileMakerを使った経験があるなら何の苦労も無く行えるでしょう。レイアウトも自分が思い描く理想通りに配置出来ます。そこにボタンをクリックした時の挙動等を、ソースコードとして記述する訳ですが、意外と少ない記述で情報の取り込み等は行え、肝となる処理部分をじっくり考えれば、当初は無理なレベルのプログラムが作れたのです。

正直言うと、入門書籍を数冊購入したのですが、多くは退屈なサンプルばかりで、最後まで到達出来たチュートリアルは半分位です。私は、どうしても興味を持てないチュートリアルには没頭出来ません。これは社会人経験の長い人がプログラミングを始めた際に壁に突き当たる大きな原因だと思います。社会人経験によって短時間で結果を得られる方法を選択するクセがついてるからです。基礎から学ぶという遠回りは大切だと理解していてもそういう道を通ることが事実上出来ません。学生とは学習の仕方、受け入れ方が大きく違うのです。私は自分が知りたい事をすぐに学びたいのです。(これは性格など個人差が大きいと思います。)

幸い、Visual Studioはいじっている内に、色々なアイディアが湧いてくる刺激をくれます。最初はシンプルなプログラムでも、徐々に機能を追加してみようとか、こうすれば合理的だなとか言う発想がどんどん出てきます。それを実現するのに、じつはそんなに高度なスキルが無くてもなんとか出来上がったりするのが面白いのです。(当然熟練者が作ったアプリに比べると洗練度は話にならないレベルでしょうが)

それでも、回数と学習を重ねていく内に、徐々に合理的なソースコードが書けるようになって来ます。これは良い感じに書けたなぁというのも最近では徐々に増えて来ました。

続きを読む

WordPressがXML-RPCを標準化した

実験用にWordPressでサイトを作ってテストをしているのですが、WordPress公式のスマートフォンアプリ(Android版)からも更新出来る様にしようと思ってNexus7にインストールしてあるWordPressアプリに、URL、ユーザー名、パスワードを設定してアクセスしたところ、

「入力されたURLにWordPressサイトが見つかりませんでした」というエラーが・・

ここで思い出したのは、WordPressを外部から操作する為のXML-RPCを有効にし忘れていることでした。ところが、WoredPress(サーバー側)にログインして本来設定が有るべきところにその項目がなくなっています。調べているとWordPress 3.5からはスマートフォン等への対応をスムーズにする為に、標準でXML-RPCを有効にして、設定項目を隠してしまったそうです。ですから今やネットで検索すると、逆にWordPress 3.5でXML-RPCを無効にする方法が紹介されていたりします。

WordPress Snippet | WordPress3.5 XML-RPCを無効にする

続きを読む

ロゴマークのゴージャス版をいただきました

知人から、S-Factoryのロゴマークをカスタマイズしてゴージャスになったものをいただきました。デザイン系の仕事をしている方からいただいたのですが、IllustratorやCADを使いこなせるので、もっと複雑なロゴマークも綺麗にデジタル化出来るそうです。このロゴに関しても原図データはお渡ししておらず、こちらのサイトからダウンロードしたロゴマークを元にトレースして下さったのではないかと思われます。すごく短時間で。

先日お会いした時に、「チームロゴのトレースなんかの要望もあればやりますよー」と言って下さったのです。その方は趣味でチームを持たれているので、そのロゴマークをiPhoneに待受け画面としてバシッと配置していて、かっちょ良かったですよ。やっぱりクリエーター系の方は違いますね。

さて高解像度の画像ファイルでいただいたので、買ったばかりのNexus7の背景画像にしてみました。自己満足ですが良い感じですー。

なお、Google Androidデバイスの待受画面は、縦長と横長を想定しているので背景のグレーをコピーして横にも広げました。グレーの部分がヘアライン加工っぽくなっているんですが、横線が入っているだけだったのでCOPYするだけで広げられました。背景パターンが複雑だとそうは行かないですね。

とにかく素晴らしくかっちょいいS-Factory仕様のNexus7が出来上がりましたので、HOME画面は必要なアイコンだけ配置してシンプルにして使おうと思っています。

PS.
iPhone版のモックアップ画像もいただきました。
こういうの短時間で作っちゃうのは流石にプロ(専門)だなって思います。
そういう訳で当サイトは、現時点ではデザイン性には力を入れていません。
内容が充実したらプロに依頼してデザインしてもらうつもりです。餅は餅屋ですね。